FoxFire

Foxfire

TOPへもどる

製品情報

Foxfireの製品情報のご案内です

災害対策用ベスト『171プラスベスト』

2006.08.17 Update



   
  必要なものを身に着けて行動する。
  災害用リュックを持ち歩くよりも、モノの出し入れがすばやく出来るベストに収納できたら…

そんなコンセプトで開発されたのがこの171プラスベスト。

大規模災害時、ライフラインが復旧するまでの数日間を過ごす為に、必要なものをできるだけ多く収納できるベストを、FoxFireのノウハウを注ぎ込んで開発。多くのモノを収納して長時間着用しても疲れにくくなっています。

標準で装備されるサバイバルシート、簡易ポンチョ、ホイッスルの他に、懐中電灯、ラジオ、非常食、水などを収納できます。

自宅に常備するなら、通帳、印鑑などの貴重品などを内ポケットに収納、勤務先ならば、徒歩で帰る為の帰宅用マップなどを収納しておくことが可能。

必要な場所、場面によって、収納するものを自由にレイアウトができます。

■『171プラスベスト』の特徴

?強度に優れる「サプレックス?ナイロン」耐久撥水加工
表地に使用される「サプレックス?ナイロン」は、引き裂き強度に優れています。過酷な自然環境から身を守るアウトドア衣料には多くの先端素材が用いられています。わたしたちは、このベストが使用される状況を想定し、数ある素材の中から「サプレックス?ナイロン」をセレクトしました。さらに長時間にわたり水を弾き、汚れにくくする「耐久撥水加工」を施しています。

?長時間着用しても疲れにくい・・・
フィッシングベストのテクノロジー 災害時はただでさえ心身のストレスが大きいものです。「171プラスベスト」は、出来る限り肩への負担を軽減するために、モノを入れて着用しても、あまり重さを感じさせない設計になっています。フォックスファイヤーの四半世紀にわたるフィッシングベスト造りのテクノロジーがここに活かされています。

?必要なものを自由自在に収納できる構造
フィッシングベストのノウハウにより、極めてバリエーションの広い収納構造を実現しました。標準装備の「サバイバルシート」「ポンチョ」「ホイッスル」のほか、多様なポケットにより、懐中電灯、ラジオ、非常食、水などを収納することができます。 例えば、自宅に常備するならば通帳や印鑑などを、オフィスに常備するならば帰宅用マップをポケットに入れておく等、使い方によって様々にアレンジできます。

?右胸に『171』の刺繍
災害時には電話がつながりにくくなるので、安否の連絡等にはNTTの伝言ダイヤルが有効です。でも、イザという時に番号を忘れているかもしれません。このベストには、伝言ダイヤルの番号である『171』を周囲に知らせられるよう、右胸には『171』の番号が刺繍されています。


   


 
  そのとき、絶対に欠かせなかったものとは?


 
 
救援物資が届くまで命をつなぐだけでなく、
精神的な支えとしても必要不可欠。
 
 
荷物にならず、持ち出しやすい一体型。
自家発電タイプなら電池切れの不安もなし。
 
家族の安否確認はもちろん、
ライトや笛の役割も担う。
避難所までの体力を維持するべく
保温&防水加工の動きやすいウエアを選ぶ。
   


 

 



5610622 171プラスべスト
  \23,100(本体価格 \22,000)
  Sizes:S・M・L・XL
サプレックス®耐久撥水(ナイロン100%)/メッシュ:ポリエステル100%
 
  災害発生時、必要となるものを全て収納ができるベストです。勤務先などに装備して帰宅難民と化した時には両手を空けてすばやく行動することが可能です。ホイッスル、簡易レイン、サバイバルシート付属。

FoxFire2006新製品、防寒対策用品インプレッション

2006.04.03 Update


グラブとソックス使ってみました。


右下の写真は前日の濡れたシューズを履き終えて気が付いたらバリバリに凍ってしまったのを撮ってみました。長野の早朝は-5~6度の世界です。水温も4~5度の厳しい釣りですが、お陰さまで快適に釣りが出来ました。釣果の方は濁りが残っていて今ひとつで、レギュラーサイズ37㎝一匹しか釣れませんでしたが、今回も名手Yさんとご一緒させて頂いたので楽しい釣りが出来ました。

犀川37cm バリバリに凍ったウェーディングシューズ


① アクアシェル3フィンガーレスクラブ

使ってみて驚きました。釣人は寒さよりもロッドの感触やランニングライン処理を優先する為に手袋をするのを嫌いますが、フィット感が非常に良くまったく気にならず、繊細な指かけのランニングライン処理もまったく問題ありませんでした。

そしてこの時期の早朝の釣りでは-5~6度の世界となり、今までのクラブなら指先が冷たくて息で暖めなら釣りをしなければなりませんでした。

このアクアシェル3フィンガーレスクラブは必要な3指の最低限の箇所しか露出していないのと、内側の起毛感のある素材と防風、防水加工が効いている為か、そんな必要はありませんでした。そして驚いた事に日差しが当たるとポカポカと暖かでした。

要望があるとしたら、ウィンドストッパーフィンガーレスクラブのように使わない時にペアに出来るフックがあると良いです。車内に干したり、使い終わると車内に放り込んでしまうので一つになっているほうが探すのが楽です。

【商品の紹介】

商品名: アクアシェル3フィンガーレスクラブ
価格: ¥5,040(本体価格¥4,800)
カラー: 025ブラック
サイズ: M、L、XL
素材: アクアシェル(ポリアステル100%)

 


② ウィンドストッパーオーバーソックス

今までは綿のソックスの上に分厚いフリースソックスだったので、ウェーダーを履く時に足がなかなか入らなくて、やっと入ったと思ったら靴下がつれてしまって指が丸まって窮屈だったり、脱ぐ時はウェーダーが切れてしまわないか心配でした。当然釣りが終わった後の綿ソックスは濡れています。実は数年前に酷い水虫になり治すのが大変でした。(^^;

今回は宣伝文句の保温性の高さを信じて気温-5~6度、水温4~5度の状況で、無謀にも綿ソックスとウィンドストッパーオーバーソックスだけでチャレンジ。

当然ウェーダーの着替えはラクチン。お陰で濡れた冷たいウェーダーを履く時に指先が凍えてしまう事もありませんでした。そして一番心配していたウェーディング中の爪先の凍えも大した事も無く、水から上がると足が水圧から開放されて靴の中が乾いているのを実感した時は驚きました。当然靴下は濡れていませんでしたので、もう水虫になる心配も無いです。(笑)

【商品の紹介】

商品名: ウィンドストッパーオーバーソックス
価格: ¥6,300(本体価格¥6,000)
カラー: 025ブラック
サイズ: M、L
素材: ゴアウインドストッパー®(ポリエステル100%)

 




ウインドストッパー・ネックウォーマー

2006年2月3~5日の日程で福井の九頭竜川にサクラマス狙いに行ってきました。晴れ後吹雪の繰り返しで厳しい天候でしたが、今回はこれがあって大変助かりました。

① 宣伝文句通りの性能

●耳や頬までカバー出来るので、サングラスと帽子を合わせれば首から上を全て寒さからカバーしてくれました。

●サングラスが確かに曇りませんでした。ただしラッセル中は口で息をするので下を向いて歩き続けると曇る事はありましたが、この程度はウォーマー無しでも起きるので仕方ないですね。 

2.感心した事

●薄手なので雪かきしていても暑くなりませんでした。逆に入川の順番待ちの冷える時でもウィンドストッパー効果で寒くなりませんでした。

●首から胸にかけてフィットするカッティングのおかげで保温性が高く、薄手のフリースシャツ2枚にバブア・エンデゥランス・スペイジャケット(少し厚手のレインジャケット)だけで大丈夫でした。名古屋の名手Yさんは5~6枚も着込んでダルマ状態でした(笑)。

●フェイス全面の通気性が良いので呼吸が楽でした。また自分の息で適度な湿り気を帯び、唇が乾かなくて心地良かったです。乾きも早いです。

●同じくフェイス全面の縫い目があるので、鏡が無くてもキチンと装着できました。曲っているとカッコ悪いですよね!でもYさんには、『これから強盗ですか!』と言われました(爆笑)。 

3.気になった事

●ズレ落ちて来る感じではありませんが、多少下がる気がしまた。また、まだ洗濯後に使っていませんが、私の様に顔がデカイと伸びてしまうのでは、と来年が心配です(^^; 久々に良い物を買ったと思っています。九頭竜で会った方や、これから行かれる方に宣伝しておきました。これで来週の犀川解禁も安心です!

和部 祐司

【商品の紹介】

商品名: ウインドストッパーネックウォーマー
価格: ¥4,725(本体価格¥4,500)
カラー: 046ネイビー、025ブラック(写真はネイビーです。)
素材: ゴアウインドストッパー®(ポリエステル100%)

 

トレッキングパンツレポート

2006.03.20 Update


春~秋のトレッキング用のパンツとして最近愛用しているのは、ジップオフタイプのものだ。今年のラインナップで言えばサプレックスフォーウェイジップオフパンツ、サプレックスジップオフパンツなどで、状況に応じて丈を変えることが出来、大変便利だ。もし、僕が、最初の一本として春~秋のトレッキング用パンツ選びのアドバイスを求められたなら、間違いなくこのジップオフタイプのものを薦めるだろう。丈の長さを変えることができる最大のメリットは、体温調節が容易に出来ることである。

特に、高山であれば、動いているときと休んでいるときとの体感温度に大きな差があり、歩いているときはショートパンツにTシャツでも暑いくらいなのに、一旦足を止めると急に肌寒さを感じるような状況は決して珍しくはない。山中で夜を過ごすとなると尚のことだ。
高山の夜は、たとえ夏でもかなり寒い。だからそれらを考えると、ジップオフタイプのパンツはとても便利な一着なのである。もちろん、トレッキング専用のモノは速乾かつ伸縮性に優れ、それでいて丈夫な素材を使用しているので、快適なことこの上ない。

アルプスの山々でさえ、ジーンズやジャージを着用しているハイカーは多いが、一旦専用のパンツを経験すれば、二度とジーンズやジャージに逆戻りすることは出来なくなるはずだ。



Bメトリクスパンツレポート

2006.03.20 Update


2005年10月1日~2日。尾瀬の至仏山(しぶつさん:2,228.1m)と燧ケ岳(ひうちがたけ:2356m)に登ったときに使用したBメトリクスパンツのインプレッションレポートをしたい。

ここ数年、トレッキング用スパッツの市場は各社がしのぎを削り、その利用者数はフィールドで見かけるだけでも確実に増加していることが分かる。それは、各アパレル・メーカーが繰り広げる広告合戦に消費者が煽られているというのも事実としてあるのだろうが、それ以上に多くの登山家達が、膝の痛みや、筋肉疲労などから少しでも解放され、快適な登山を楽しみたい、と願う気持ちが強いからだと思う。

さて、FoxFireの新製品Bメトリクスパンツのインプレッションだが、まず、試着して軽く屈伸運動をすると、垂直方向に軽いバネ性を感じることが出来る。これがクッションとなって膝や足の筋肉を守ってくれそうである。十分なサポート感があるが、不快に締めつけられるような印象はなかった。

10月1日。午前7時過ぎに大清水のパーキングを出発。尾瀬沼、尾瀬ヶ原を抜けて至仏山(しぶつさん:2228.1m)を登り竜宮小屋まで歩く。初日の歩行時間は休憩を入れて12時間。今年の夏、南アルプス縦走で痛めた左足の裏が痛んだが、それを除けば、これだけ歩いたにもかかわらずまったく膝や筋肉に痛みを感じなかった。尾瀬の山小屋には風呂があるので、入浴で疲れを癒せば、心地よい眠りに誘われて十分に睡眠 をとることが出来た。



尾瀬至仏山山頂(2228.1m)


10月2日。尾瀬散策の二日目は、5時起床で燧ケ岳(ひうちがたけ:2,356m)に登った。前日の至仏山もそうだったが、燧ケ岳の登山道もかなり歩きにくかった。山の勾配は、きつすぎるほどではないのだが、ゴロゴロと大き目の滑りやすい石の多い道を歩かなくてはならなかった。しかし、本来なら膝に負担の掛かりそうなこの道を歩いている最中も、僕はBメトリクスパンツのサスペンション効果を感じながら歩くことが出来た。とくに下山時にそれを良く感じることが出来たように思う。もっともこれは、自分が、このBメトリクスパンツをテストしているという意識があるからであって、意識しなければ、むしろ着用していることを忘れるくらい自然に着用することが出来ると思う。燧ケ岳を下山してから、大清水のパーキングへ戻るまで、二日目の歩行時間は、初日同様休憩を含めて約12時間であった。

登山後の体の疲れや痛みは、下山翌日に強く感じることが多いと思う。今回は、正直、かなりの強行だったと思うし、疲労感も相当なものであったが、これだけ歩いたにもかかわらず、翌日に膝や筋肉に違和感を覚えるようなことはなかった。

僕は、事前に筋肉に対してどのように作用するのか、十分な学習をせずにテストをしたのだが、むしろそういった先入観抜きにしてBメトリクスパンツ良さを体感することが出来たことは、この商品のもつ本当のポテンシャルの高さを示しているように思った。これから、トレッキング用スパッツの購入を考えている方には、このBメトリクスパンツを自信をもってお勧めしたいと思う。



ミノブチ岳より尾瀬沼(燧ケ岳) 尾瀬山ノ鼻

FoxFireウインドストッパー・ネックウォーマー インプレッション

2006.02.17 Update


新製品のFoxFireウインドストッパー・ネックウォーマーについてレポートします。 

2006年2月3~5日の日程で福井の九頭竜川にサクラマス狙いに行ってきました。晴れ後吹雪の繰り返しで厳しい天候でしたが、今回はこれがあって大変助かりました。

 1.宣伝文句通りの性能

●耳や頬までカバー出来るので、サングラスと帽子を合わせれば首から上を全て寒さからカバーしてくれました。

●サングラスが確かに曇りませんでした。ただしラッセル中は口で息をするので下を向いて歩き続けると曇る事はありましたが、この程度はウォーマー無しでも起きるので仕方ないですね。 

2.感心した事

●薄手なので雪かきしていても暑くなりませんでした。逆に入川の順番待ちの冷える時でもウィンドストッパー効果で寒くなりませんでした。

●首から胸にかけてフィットするカッティングのおかげで保温性が高く、薄手のフリースシャツ2枚にバブア・エンデゥランス・スペイジャケット(少し厚手のレインジャケット)だけで大丈夫でした。名古屋の名手Yさんは5~6枚も着込んでダルマ状態でした(笑)。

●フェイス全面の通気性が良いので呼吸が楽でした。また自分の息で適度な湿り気を帯び、唇が乾かなくて心地良かったです。乾きも早いです。

●同じくフェイス全面の縫い目があるので、鏡が無くてもキチンと装着できました。曲っているとカッコ悪いですよね!でもYさんには、『これから強盗ですか!』と言われました(爆笑)。 

3.気になった事

●ズレ落ちて来る感じではありませんが、多少下がる気がしまた。また、まだ洗濯後に使っていませんが、私の様に顔がデカイと伸びてしまうのでは、と来年が心配です(^^; 久々に良い物を買ったと思っています。九頭竜で会った方や、これから行かれる方に宣伝しておきました。これで来週の犀川解禁も安心です!

和部 祐司


【商品の紹介】

商品名: ウインドストッパーネックウォーマー
価格: ¥4,725(本体価格¥4,500)
カラー: 046ネイビー、025ブラック(写真はネイビーです。)
素材: ゴアウインドストッパー©(ポリエステル100%)

 


foxfire