FoxFire

Foxfire

TOPへもどる

製品情報

Foxfireの製品情報のご案内です

2014 Foxfire Winter Collection

2014.11.11 Update

Foxfire 2014夏のおすすめコーディネート

組み合わせて自分だけの一着を「ユニットシステム」2014モデル

2014.09.11 Update

ユニットシステム

ユニットシステムとは…

アウタージャケットの内側に、ダウン、フリース、ベストなどをファスナーで連結し、一枚のジャケットとして着用できる機能の総称です。
※アウターとインナーは同サイズをお買い求めください。

POINT1 長いシーズンを通して着用可能
例えば、春・秋はそれぞれのジャケットを単体で着用し、冬はダウンやフリースをライニングする、といったように、気温に応じてライナーを変えて着用すれば、幅広い温度帯に対応できます。室内と屋外の気温差の幅が広くなる冬場や、少ない荷物でコーディネートを増やしたい旅行などでも大活躍。
POINT2 自分だけの一着を組み合わせられる
ユニットシステム対応のアウター&インナーは豊富なラインナップ。2014年秋冬アイテムだけでも、メンズ338通り、ウィメンズ252通りもの組み合わせが可能です。ぜひ自分だけの一着を見つけてください。
POINT3 アウターまたはインナーだけの買い替えが可能
ライニングファスナーの寸法は毎年変わりません。お手持ちのインナージャケットが3年前のものだったとしても、今年のアウターにピッタリ合わせることができます。 ※アウターとインナーは同サイズをお買い求めください。

ユニットシステム対応アウター Men’s

雨や風を防ぐのと、大型ポケットなどの収納が便利。

GORE-TEX
アルカディアジャケット
GORE-TEX
コルドバコート
   
GORE-TEX
フォトレックジャケットMIII
リノハイドサルファージャケット
GORE-TEX
アガルタジャケット
ヘイルストームスリーウェイジャケット

ユニットシステム対応アウター Men’s

インナーを変えれば幅広い温度帯で快適に着用できます。
グリズリーダウンジャケット ドレッセライトダウンジャケット ドレッセライトダウンベスト
ブライスジャケット セーターフリースジャケット スライバージャケット

ユニットシステム対応アウター Women’s

雨や風を防ぐのと、大型ポケットなどの収納が便利。
リノハイドハウザーコート GORE-TEX
コルドバコート
GORE-TEX
サーパスジャケット
GORE-TEX
ミネルバジャケット

ユニットシステム対応アウター Men’s

インナーを変えれば幅広い温度帯で快適に着用できます。
フォルムダウンジャケット グライドダウンジャケット グライドダウンベスト
セーターフリースジャケット スライバージャケット ブライスジャケット

2014 Foxfire Fall Collection

2014.09.03 Update

Foxfire 2014夏のおすすめコーディネート

立山黒部アルペンフェスティバル2014に出展します

2014.08.12 Update

立フェス


北アルプス・立山連峰を貫き、北陸・富山と信濃大町を結ぶ山岳観光ルートである立山黒部アルペンルート内の「弥陀ヶ原」・「室堂」・「雷鳥沢」の3会場にわたって開催される『立山黒部アルペンフェスティバル(通称:立フェス)』に今年もFoxfireブースを出展します。

立山黒部アルペンフェスティバル2014オフィシャルサイト


立フェス

室堂会場のFoxfireブースでは、秋冬の新作アイテム展示と「立山フォトラリー」を開催します。課題の風景写真3枚と同じアングルを探し、お手持ちのデジカメ(携帯カメラでも可)で撮影してきてスタッフに見せると、Foxfireマルチクリーナー(非売品)をプレゼントします!!

エントリー受付時間(各日先着20名様)
  • 9月5日(金)12:00~15:00 (※当日の16:00までに課題を提出してください)
  • 9月6日(土)8:30~15:00 (※当日の16:00までに課題を提出してください)
  • 9月7日(日)8:30~11:00 (※当日の12:00までに課題を提出してください)

9月上旬の平均気温が14℃と、とても涼しい室堂で皆様のご来場をお待ちしております!

カメラ用バックパック「ビューマスター」ザックシリーズ

2014.07.01 Update

カメラ用ザックシリーズ・ビューマスターのプロ写真家によるレビュー

カメラ用リュックのレビュー特集
プロ写真家の詳しいレビュー
ビューマスター18L 商品詳細へ オンラインストアへ
価格 ¥17,280(本体価格¥16,000)
素材 スパークリップ210D(ナイロン100%)、スパークリップ420D(ナイロン100%)
サイズ 容量18リットル、平均重量840g
カラー ブラック/ライトグリーン
カメラ用リュックサック

川合麻紀さんのカメラバッグレビュー

カメラ用バックパック川合麻紀さんのレビュー

普段は大きなカメラザックを使っていますが、スナップ撮影時やお教室の指導などの時には軽めのザックを使っています。

ビューマスター18Lは、ザックの下部がカメラスペースになっています。カメラボディーにレンズ1本をつけた状態で収納できます。


カメラ用バックパック

夏のスナップの時の写真について
このときはEOS KissのボディーにEF50mmF1.8をつけた状態で収納しました。また、EF24mmF1.4L II USMのレンズを奥に収納しています。レンズ付きでの収納なので、即座に撮影可能です。ザック上部には、お財布、お化粧道具などいろいろ入れても大丈夫です。ザックサイドにはペットボトルも収納できます。

冬のスナップの時の写真について
この時は、ミラーレス一眼のEOS Mに、標準ズームレンズと単焦点、そしてアダプターに望遠ズームレンズという少しよくばった機材です。ザック下部ではなく、上部にカメラ用のインナーケースを入れてそちらに収納。通常カメラ収納に使う部分のカメラケースは取り出してしまい、そのスペースに薄手のダウンなどの防寒具を入れています。

カメラ用バックパック川合麻紀さんのレビュー

カメラザック外部には、三脚をつけて、夜の撮影にも備えました。ちょっと大きめの三脚をつけてしまいましたが、しょった感じは良好でした。

その時の機材の数や、撮影の内容によって、いろいろな使い方ができます。



 
ビューマスター25L 商品詳細へ オンラインストアへ
価格 ¥20,520(本体価格¥19,000)
素材 スパークリップ210D(ナイロン100%)、スパークリップ420D(ナイロン100%)
サイズ 容量25リットル、平均重量980g
カラー ブラック/ライトグリーン/ブルー
カメラ用リュックサック

小林義明さんのカメラバッグレビュー

カメラ用バックパック小林義明さんレビュー

Photrekビューマスター25は、これまでの本格的なカメラザックというよりもフィールドで手軽に写真を楽しみたい人向けにシフトした扱いやすいカメラザック。

収納できるカメラ本格的なデジタル一眼レフではなく、デジタル一眼レフならコンパクトなサイズのものに限られ、最近流行のミラーレス一眼にぴったりといった感じ。ボディ1台にレンズ2本くらいがちょうどいい。


今回はコンパクトなボディのペンタックスK-5にDA 50-135mmF2.8ED[IF]SDMとD FA MACRO 100mmF2.8WRを収納してちょうどいい感じ。キヤノンEOS7Dだと大きすぎてうまく収まらなかった。


カメラ用バックパック小林義明さんレビュー

カメラ収納部はザックの下部に配置され、取り出し可能なカメラケースを利用する。このカメラケースを外せば普通のザックとしても利用できる。

カメラ収納部の出し入れはザックの左横からとなり、ザックを下ろさずにストラップを左肩にかけたまま機材の取り出しが可能なので、歩いているときにも便利だ。 通常、重い荷物はザックの上部に収納するのがセオリーだが、このクラスのカメラであれば問題にならないと思う。

カメラ用バックパック小林義明さんレビュー

上部の収納部は20リットルほどの容量があり、レインウエアやタオルなどの他、弁当なども充分にはいるので、日帰りから一泊程度の山行にちょうどいい。

ちょっと本格的に撮影したいときには三脚を正面パネルに取り付けることもできるが、ビューマスターの軽快さを損なわないよう極力コンパクトで軽い三脚を選ぶことをお奨めする。この正面パネルはポケット状になっているので、標高の高いところで羽織る上着を入れておくのもいい感じだ。

カメラ用バックパック小林義明さんレビュー


背負った感じは、身長169cmの私の背中にちょうどいいサイズ。背面の「B.A.I.S(ブーメラン・エア・インテーク・システム)」のおかげで背中が蒸れることなく快適に背負うことができた。旧モデルとなるフォトレック25もコンパクトで収納力が高く扱いやすいザックだったが、歩くことを考えると、ビューマスターの方が数段バランス良く快適に感じた。

 これからの夏山シーズン、日帰りトレッキングついでに撮影を楽しみたいという人にお奨めしたいザックだ。



ビューマスター40L 商品詳細へ オンラインストアへ
価格 ¥31,320(本体価格¥29,000)
素材 スパークリップ210D・スパークリップ420D(ナイロン100%)
サイズ 容量40リットル、平均重量1,420g
カラー ライトグリーン/ブラック
カメラ用リュックサック

中田寛也さんのカメラバッグレビュー

カメラ用バックパック

装備が多くなる冬の使用を考えて40リットルを選びました。
トップのカメラ収納部はデジイチ入門—中級機用ということでしたが、プロ機(D3s)もボディ、レンズ1本はなんとか収納できます。メイン室にレンズケースやソフトケースを活用して望遠系レンズを収納すればかなりの装備を運べます。

実際に、都内でのロケでは今までのカメラバックに替わって、モノブロック2灯、レンズ3本、ボディ2台入れて電車移動するのに重宝してます!!



カメラ用バックパック

フィールドでもサイド部の大きなファスナーで装備も取り出しやすく、使い勝手はいいです。

結構使えるのがウエストベルト部のポケットで、バッテリー、メディアの類いをいれる、もしくは地図や携帯、ちょっとした行動食を入れておくにもいいですね。 500リットルペットボトルすっぽり入るので、場合に寄ってはレンズも簡易的に収めておけますね。


 

萩原俊哉さんのカメラバッグレビュー

カメラ用リュックサック

登山用のザックにはカメラの収納のことが考慮されていないものも多く、カメラの携行にアタマを悩ませてしまうことがあります。

とはいえ、本格的なカメラザックではカメラ以外の収納に困ってしまう・・・その点、しっかりした専用のカメラ収納部があるビューマスターシリーズなら安心です。
そのなかでもビューマスター40Lは十分なまでの容量があるので山小屋で1泊2日くらいの撮影なら十分。


カメラ用リュックサック

左の写真は寝袋にマットレス、防寒着、コッヘル、燃料とコンロそれに食料をパッキングしていますが、ザックにはまだ余裕はあります。十分な容量に加え背中の通気性のよさ、そして背中にフィッティングしてくれるので、長時間、長距離の歩行でもとても快適です。

カメラ用リュックサック

ビューマスター40Lのカメラ収納部はザックの上部にありますが、簡単に取り外すことができ、キャリングバッグとして使用できます。十分な厚みのクッションが使われているので、カメラを収納していても不安は皆無です。

たとえば山岳行に限らず、長期の旅行でも、ビューマスター本体を宿泊先に置いたまま、カメラ収納部カメラケースとして持ち歩く、といった使い方もできそうです。機材は高倍率ズームにマクロレンズがお勧め。機材を絞りたい山岳撮影では心強いアイテムです。


ビューマスターザックシリーズの紹介動画

肩にかけたままカメラが取り出せる 25L・18L

シリーズ最大容量40L


ビューマスター関連商品


foxfireカメラストラップ
カメラストラップ

価格 ¥3,240(本体価格¥3,000)
素材 ネオプレーン
カラー ブラック

商品詳細へ オンラインストアへ


リュック用雨カバー
レインカバー

18-25L用
価格 ¥2,484(本体価格¥2,300)
商品詳細へ オンラインストアへ
30-40L用
価格 ¥2,808(本体価格¥2,600)
商品詳細へ オンラインストアへ

2014 Foxfire Summer Collection

2014.05.30 Update

Foxfire 2014夏のおすすめコーディネート

屋久島/富士山 トレッキング装備チェック

2014.05.26 Update

フォックスファイヤーのおすすめトレッキング2大対策装備チェック
富士山装備
日本一の標高ということは、それだけ温度差も高く、山頂付近での気温は都市部と30度近く差があることも。ご来光を待つ間などは風にさらられて特に冷えるので、防寒対策を万全に。

富士登山、装備のポイント

真夏でも、ダウンやフリースなどの防寒具を必ず持っていきましょう。レインスーツは、快晴であっても風よけとして役に立ちます。
夜間登山を想定し、ヘッドランプは必須です。 山小屋は各所にあって、休憩や宿泊はもちろん、水や食料も買うことができます(約3倍の価格)。 トイレは有料(約100円)なので小銭も忘れずに。
ハット/キャップ ダウンジャケット レインスーツ
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
日差しが強く日陰も少ないので、ハットやキャップは必需品です。ご来光を待つ場合は、ニットキャップも予備で持っていくことをお勧めします。 真冬並みの気温になる富士山には必須。保温性が高く、軽量、コンパクトなので便利です。 天候が変わりやすく、雨風も強いのでしっかりとした上下セパレートタイプをチョイス。
グローブ ザック トレッキングポール
グラベルグリッパーSS
富士登山に必要装備
ZERO-35SII
富士登山に必要装備
トレッキングポールi-C130W
宮之浦岳登山
防水タイプを選びましょう。軍手は濡れたら乾かないのでNG。 レインウエア、防寒具、食料など、荷物が多くなります。ゆとりをも持ったサイズを選びましょう。 ポールは安定歩行を助け、疲労軽減につながります。

装備以外で注意しておきたいこと

高山病

普通の山と比べ標高が高いので、高山病には要注意です。高山病は、「酸素不足」が起因する症状で、体調不良、睡眠不足、激しい運動などが原因で起こります。
ゆっくり、大きく息をし、呼吸を整えながら登りましょう。
屋久島装備
鹿児島県に属する南の島ですが、中心には標高1,935mの山があり、山頂部となると冬には雪が降る程、気温が低下します。 また、平均湿度が70%以上と一年を通して湿度が高いので、汗を逃がす透湿性の高い防水対策をおすすめします。

屋久島トレッキング、装備のポイント

レインウエアは透湿防水性の高いゴアテックスがオススメです。
登山をする場合、季節によっては雪が降ることもあるので、状況によってスパッツやレインハットなどもあると便利です。
ハット/キャップ レインスーツ カットソー
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
メンズ |  ウィメンズ
富士登山に必要装備
湿気があり、強い雨が降る屋久島には、透湿防水性が高いゴアテックスがオススメです。 晴れの日から雨の日まで、幅広く使えるゴアテックス®がオススメです。 雨や汗などで身体が濡れると冷えるため、吸汗速乾素材のものをチョイス。
ソックス スパッツ トレッキングポール
ゼロドライソックス
ヘビーパイル

屋久島登山に必要装備
GORE-TEX®
レインスパッツロング

屋久島トレッキング
トレッキングポールi-C130W
宮之浦岳登山
クッション性、速乾性のある厚手でしっかりしたものを。靴との相性も確認しましょう。 スパッツは雨の浸入を防ぐだけでなく、汚れ防止にも役立ちます。 ポールは安定歩行を助け、疲労軽減につながります。

装備以外で注意しておきたいこと

苔むした場所が多く、雨の日は滑りやすいので要注意。ザック内の衣類やトイレットペーパーなどはポーチに入れるなど防水対策に気を配りましょう。
いろんな方が利用する避難小屋泊の場合は、マナーをしっかり守り、ごみは持ち帰りましょう。

装備チェック表

◎=必携、○=あると良い、△=状況に応じて

ウエア 富士山
(夏)
屋久島
(春秋)
屋久島
(夏)
アドバイス
レインギア ゴアテックス®など透湿防水素材で上下セパレートタイプ
Tシャツ、肌着 コットン素材を避け、化繊のものを
長袖(Tシャツ・シャツ) 登山では安全の為、極力肌を露出しない。UVカット用にも。
ストレッチパンツ 速乾性、ストレッチ性のあるもの
防水グラブ 手の保護や保温、日焼けや汚れ防止に。
ハット・キャップ 高山ほど紫外線は強くなります。日焼け防止に。
防寒着(ダウンやフリース) 富士山では氷点下まで下がる事があります。屋久島では、湿度が高いので、湿気でロフトが下がらないフリースを。
ソックス ゴアテックス®シューズには化繊のパイル地のものを
スパッツ 泥汚れを防ぎます。 富士山のコースによっては、砂を防ぐために必需品となります。
サポートタイツ 安全の為、翌日の筋肉疲労予防に。
ギア 富士山 屋久島
(春秋)
屋久島
(夏)
アドバイス
ザック 30L~くらいが目安ですが、装備品を揃えてから、適切なサイズを選びましょう。
ザックカバー パックへの水の浸入を防ぎます。
水筒 山小屋で水を補充できるよう大口が便利。
トレッキングポール 安全な山歩きのため、とひざ等の関節の保護に。
サングラス 紫外線除け、目の保護に。
腕時計 高度計付きであればなお良い。
ヘッドライト 安全の為必携。予備電池も忘れずに携帯しましょう。
コンパス 山では、単独でなくてもなるべく地図とセットで携行しましょう。
その他 富士山 屋久島
(春秋)
屋久島
(夏)
アドバイス
保険証 基本装備です
地図 ツアー登山であっても自己管理は必須です。周りの山の名前も分かり便利。
携帯電話 緊急用に。防水対策も忘れずに。
タオル 汗や雨を拭いたりします。
ビニール袋 ゴミはすべて持ち帰りましょう。その他、濡れた着替えや、荷物を小分けして防水対策としても使えます。
トイレットペーパー トイレ用に。ポケットティッシュは分解されないプラスチックが含まれているのでトイレットペーパーを持っていきましょう。
日焼け止め 紫外線が強いので携帯をおすすめします。
バーナー・コッフェル どこでも温かい食べ物を準備できます。
1日最低でも1000ml以上が目安。
行動食 食事のほかに飴などのカロリーの高い物。塩物も必ず。
非常食 1~2食は必要

Foxfireでは、トレッキングツアーを毎年開催しています。
ぜひご参加ください!

(有)スペシャリストFoxfireネイチャーツアー
http://www.travelspecialist.jp/foxfire/

四角大輔 スライド&トークライヴ『悶絶のニュージーランド秘境ハイク』開催

2014.05.19 Update

プロフィール
四角大輔|Daisuke YOSUMI
ミリオンヒット・プロデューサーの職を捨て、巨大魚と冒険を求めてニュージーランドへ移住し、湖の畔で飲料水と食料を自給する〝森の生活〟を送る。 ニュージーランドと日本を往来するノマドとして、ライフスタイルデザイナー、執筆、アーティスト・インキュベーション、NPO、企業アドバイザー、アウトドア、講演などの分野で活動。 『朝日新聞』『honeyee.com』『ソトコト』『PEAKS』『Field Life』で連載を持つ。 また上智大学非常勤講師を務め、多数の大学で講義を行う。 著書『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』がベストセラーに。
Daisuke Yosumi 公式メディア|4dsk.co




お申し込み※参加費無料(要予約)

1.お電話

上記各店舗へ直接お電話にてお申し込み下さい。

2.メール
下記の内容でご送信ください。
なお、こちらのアドレスはお申込み受付専用(自動返信専用アドレス)です。お問合せはお電話でお願いいたします。
件名:トークライブ参加申込
本文:1.参加ご希望日と場所、2.お名前(フルネーム)

送信先:4dasktalklive@airista.jp

お問い合わせ

上記各店へお電話にてお問合せください。
もしくは、(株)ティムコ Foxfireトークライヴ事務局 TEL:03-5600-0121 まで

フォトレックシリーズのカメラ用バックパック「カニスミノルII」

2014.04.18 Update

カメラ用リュック新製品の詳細とプロ写真家による最新レビュー

カメラ用リュックのレビュー特集
カメラバッグレビュー
カメラ用バックパック秦達夫のレビュー

Foxfireから待望のカメラ用バックパック「フォトレック・カニスミノルⅡ」が発売になりました。今となっては各メーカーのラインナップに背開きザックは普通に鎮座していますが、前モデルのカニスミノルが背開きタイプを世に知らしめたと言っても過言ではないと思います。ザックは背開きにすることで背面が地面に触れず、背負ったときに背中が汚れないのが最大の特徴です。

しかも、ザックを下ろし機材を取り出す一連の動作がスムーズになるので速写性が上がります。前モデルよりやや小ぶりになった今モデルですが、収納容量は変わらずボディー1台に広角レンズ・標準レンズ・望遠レンズ・マクロレンズ・テレコンが入ります。手前味噌と言われそうですが開発アドバイザーとして僕が参加しているので、機材量や取り出しやすさは抜群です。

プロカメラマンのカメラバッグ

もう一つ新しい発想で誕生した「フォトレック・アリエス」側面開きタイプも注目して欲しいです。狭い空間でも機材の取り出しやすさを追求したモデルになっています。バスツアーなど込み入った場所での機材取り出しを意識するとこの形になるのです。アウトドアのパイオニアFoxfireはこれからも目が離せない存在ですね。

収納機材
EF100mm f/2.8Lマクロ IS USM
EF24-70mm f/2.8L II USM
EF16-35mm f/2.8L II USM
EF70-200mm f/4L IS USM
EXTENDER EF2×II
EOS 5D Mark II
EOS 6D
バッテリー
GPSレシーバー GP-E2

>> 秦達夫ホームページ


カメラリュックのレビュー
カメラ用リュックのレビュー

 最近の私はEOS5DMarkIII2台、それぞれのボディーに24~70mmと70~200mmを装着し、ほかに16~35mmと14mmの一眼レフ用レンズを持ち歩いている。それにコンパクトカメラのGIXMarkII、 1台をプラスした撮影機材が主な常用機材である。これらすべてを収納するザックを探していて、見付けたのがフォトレックカニスミノルIIであった。

このカメラザックは私が常用するカメラとレンズ機材のすべてを無駄なく収納することができ、さらに出し入れが実にスムーズな設計になっていることが気に入った。 それは同一スペースに私の撮影機材のすべてが納まるということなのだ。私にとって、これはとても大切な要素なのである。ザックから必要なカメラを取り出して、 素早く撮影動作に移ることができるからだ。その作業の早さによって、時々刻々と変化する被写体のシャッターチャンスを逃すことなく撮影することができるのである。 この要望に答えてくれるカメラザックがフォトレックカニスミノルIIだったのである。

カメラ用バックパック

画期的なのは撮影機材を出し入れする蓋が背の側についているので、ザックを下ろした時の機材の取り出しがスムーズだ。その利便性に加え、シンプルなデザインが実によい。 黒地にグレーのラインが配色されていてスマートさを際立たせており、気品が感じられる。 私は利用するカメラザックについて利便性が大切だとおもっているが、同時にデザインがよくなければ利用しようとは思わない。


川合麻紀のカメラバッグレビュー
カメラ用バックパック

フォトレックカニスミノルは、背中に背負う側、つまり背面が開閉するめずらしいタイプのザックで、初代のものを気に入って、壊れても直して使っていました。 背面があくということは、下ろしたときにロゴ面が地面につき、カメラ取り出し側は汚れないので、背負うときに体が汚れないという画期的なザックです。

撮影時は頻繁にザックを下ろしますし、地面は結構濡れていたり汚れていたりするので、地面の設置面はかなり汚れます。それを気にせずにいられるというのはとても便利ですし、手も汚れにくいので機材の扱いにも優しいと思います。

今回モデルチェンジしたので早速使ってみました。


カメラ用バックパック

中に入れる機材ですが、メーカーの想定ですと、
予想収納機材は

CANON EOS5DMark3+EF24-105mmF4 IS
EF100-400mm F4.5-5.6L IS USM
EF16-35mm F2.8L USM
EF100mm F2.8 マクロ USM
EXTENDER EF1.4×I
EXTENDER EF2×I

とのことですが、結構入るので、私の場合には、

CANON EOS5DMark3 + EF16-35mm F2.8L II USM
EF70-200mm F4L IS USM
EF24-105mmF4L IS USM
EF100mm F2.8L IS マクロ USM
EXTENDER EF1.4×III
EXTENDER EF2×III
OM-D EM5 + 14-150mm
レンズベビーコンポーザートランスフォーマー
レンズベビーコンポーザー
ケンコーミラーレンズ 400mm F8

などを入れています。フィルター類は外ポケットです。以前のものより、見かけがかなりコンパクトな感じがしますが、中は結構入ります。背面が全部がぱっと開くのですが、機材が見渡せるので、レンズ交換などもスムーズ。一番気になっていた、ジッパーの開閉もスムーズです。ジッパーについているプルリングみたいな部品も、とても使いやすいです。 背負った感じは、以前よりしっくりと、体に馴染みます。重たい機材を入れても、疲れにくいのではないでしょうか?

>> 川合 麻紀ホームページ


斎藤裕史によるカメラバッグレビュー
カメラ用バックパック

「収納力があるカメラバッグは大きくなる・・・」当然といえば当然のこと。ショルダータイプのカメラバッグを使用することが多いのですが、山を歩く撮影などではリュックタイプのカメラバッグがやはり好都合ですね。しかし、必要な機材が収納出来るリュックタイプのカメラバッグは無駄に大きすぎる・・・。

そんな中、撮影に必要な機材すべてをコンパクトにまとめられるリュックタイプのカメラバッグがやっと登場しました。大きくて収納に悩まされていた開放値F2.8のレンズのラインナップでも難なく収まります。ですから、主要な機材は余裕で収納出来るのではないでしょうか。Foxfireフォトギアシリーズ、ショルダータイプの「フォトレックデジバック」の収納力にも驚きましたが、今回の「カニスミノルII」の収納力も見事です。予備のボディを含む全ての機材を収納しながらこのサイズ。各航空会社の機内持ち込み可能な手荷物のサイズを100席未満地方路線も含め、余裕でクリア。

機材の出し入れをする際、背面が開閉するタイプは意外と少ないものです。フロントパネル側(外側)が地面になるため背中が濡れたり汚れたりしないのはとてもうれしいですね。
収納力のわりにコンパクトなので女性でも使いやすいのではないでしょうか。 カメラ用バックパック

収納機材
キヤノンEOS5D MarkIII
キヤノンEOS7D
EF16-35mmF2.8L II USM
EF24-105mmF4L IS USM
EF70-200mmF2.8L IS II USM
EF100mmF2.8L マクロ IS USM
エクステンダーEF1.4XIII
エクステンションチューブEF25II

>> 斎藤裕史ホームページ



プロによるカメラバッグレビュー
カメラ用バックパック

収納容量はカメラボディとレンズ(標準ズーム、望遠ズーム、マクロレンズ)、ミラーレス一眼が余裕で納まるが、外観はとてもコンパクト。女性が背負っても、大きすぎず、ちょうどいいサイズといえる。レンズを装着したままでも、収納できる。一番の特徴ともいえるのが、背中側に開口部がある「背面開き」。開口部が広く、レンズ交換がスムーズに行なえる。中の素材がオレンジなので、小物などがすぐに見つかるので、とても便利。また背中が汚れないので、素早くザックが背負える。首からカメラを下げていると、かなりの負担となり、体勢が前屈みになってしまうが、ショルダーハーネスにスナップフックがついており、カメラのストラップを引っ掛けることで、首への負担が軽減する。このフックは、ぜひとも活用したい。三脚を固定できるようにハーネスとポーチが収納されているので、コンパクトに移動をしたい旅行などにも活躍する。最上部にモバイル用のポケットがあり、スムーズに取り出せる点も嬉しい。

カメラ用バックパック

収納機材 キヤノン
EOS5D MarkIII
EF24-105mmF4L IS USM
EF70-200mmF4L IS USM
EF100mmF2.8L マクロ IS USM
EOS M
EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM

>> 鈴木知子ホームページ


フォトレック カニスミノルII
フォトレック カニスミノルII

価格 27,000円(本体価格25,000円)
素材 スパークリップ210D(ナイロン100%)
ベロシティ420D(ナイロン100%)
平均重量:1,050g
カラー ブラック

商品詳細へ オンラインストアへ
カメラバッグのポイント解説 撮影用バッグ カメラ用バッグ
フォトレック カニスミノルII
フォトレック カニスミノルII

価格 27,000円(本体価格25,000円)
素材 スパークリップ210D(ナイロン100%)
ベロシティ420D(ナイロン100%)
平均重量:1,050g
カラー ブラック

商品詳細へ オンラインストアへ



foxfireカメラストラップ
カメラストラップ

価格 3,240円(本体価格3,000円)
素材 ネオプレーン
カラー ブラック

商品詳細へ オンラインストアへ



カニスミノル2にあうレインカバー
レインカバー18-25L
(雨用カバー)


価格 2,484円(本体価格2,300円)
素材 ポリエステル100%
カラー ライトグリーン

商品詳細へ オンラインストアへ

2014フィッシングギア

2014.04.10 Update

ウェーダー・ゲーター ウェーダー・ゲーター

D+バーティカルツーシーム
ウェーダー
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 64,800円
ウェーダー・ゲーター
minimalistWDゲーター

ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 9,180円
バーティカルツーシーム
ウェーダー
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 41,040円
minimalist Sソックス

ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 5,184円

クイックジップ5
ウェーディングシューズ
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ 23 ・24 ・25 ・26 ・27 ・28
価格 28,080円
ウェーダー・ゲーター
minimalist
Rシューズ
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ 23 ・24 ・25 ・26 ・27 ・28
価格 19,980円

J-Streamベスト
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ M ・L ・XL
価格 35,640円
ベスト・パック
minimalist アタックザック
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ フリー
価格 16,200円
ストリームガイドベストII
釣り用ベスト
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ M ・L ・XL
価格 23,760円

minimalist Sポーチ
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ フリー
価格 5,184円

ウェーディングレインジャケット
釣り用カッパ
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ M ・L ・XL ・XXL
価格 29,160円
ゲーター釣り
minimalist ジャケット
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 37,800円

パスファインダーシャツL/S
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 9,936円
釣りウェア
スコーロンフルジップフーディー
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 12,960円
ドライスプリットパンツ
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 10,260円
 
minimalist WDパンツ
ウェーダー
商品詳細へ商品詳細へ
サイズ S ・M ・L ・XL
価格 14,904円

ランドネ×Foxfire コラボキャップ発売

2014.04.02 Update

ランドネ50号発売記念コラボキャップ


Foxfire×ランドネコラボ

Foxfireランドネコラボ


ランドネ50号記念 ランドネ×Foxfire ・コラボ
「山と街をつなぐリバーシブルキャップ」が限定発売開始になりました。

Foxfireランドネコラボ

トレッキング中はビビッドなウエアにも映える60/40クロス素材のアースカラー面を、街では普段着にもなじみやすいデニム面をかぶれるリバーシブル仕様のワークキャップです。

こだわりがいっぱい詰まったこのキャップの詳細はランドネ編集部ブログをご覧ください

ランドネ×Foxfire 「山と街をつなぐリバーシブルキャップ」
価格: 4,800円+税
カラー:マスタード×ライトデニム/ブルー×インディゴ
サイズ:フリー(ユニセックス)


エイ出版webショップ及びFoxfireストア(オンラインストアを除く直営店)にて好評発売中。
限定生産なのでお早めに!


春のアウトドア花粉症対策

2014.03.04 Update

993C3750


春の日差しが降り注ぎはじめると、アウトドアも本格的なシーズンに入ってきますが、花粉も一気に舞いだす時期でもあります。 せっかく自然の中にいても、目がかすんだり、鼻水になやまされたりしてはいませんか?
フォックスファイヤーでは、この春、そんな花粉症でお悩みの方に向けた、スポーティな花粉症対策「プロテクションマスク」を発売いたします。

993C3750

993C3750

中央の鼻に当たる部分には、ソフトワイヤーが入っており、ピッタリフィットさせることができます。
春山では花粉以外にも、UV対策にもなり、雪山では防寒と、サングラスの曇り軽減にも一役かいます。

993C3750

プロテクションマスク
本体価格4,000円
プロテクションマスク

2014 Foxfire Spring Collection

2014.03.04 Update

Foxfire 2014春のおすすめコーディネート

foxfire