FoxFire

Foxfire

TOPへもどる

ブログ

Foxfireのスタッフブログです

雪山アタック!大分県 くじゅう連山

2014.12.10 Update

皆さま、こんにちは 寒くなりましたね、一気に真冬のような気温です。 山用のアウターやグローブが普段の生活でも大活躍中です。

さて、今回は九州の雪山といえば…くじゅう! と、いうことで山泊の予定だったのですが予想以上に寒波がすごかったので日帰りで楽しんできました。

Foxfireブログ

雪山準備はバッチリで望んだ今回。 しかし…思い返せば指がかじかんで足湯ならぬ指湯をしたことや、靴がびちょびちょに濡れ足が痛かゆくなったことも。…あの時は0師匠、Tさんに多大なるご迷惑をおかけしました…反省。
あの辛い経験が私をここまで成長させましたよ!←すごく前向き!! 皆さまには私のような過酷な経験はしてほしくないので!雪山装備をご紹介させていただきます! 上級者の方には退屈かもしれませんが、どうかお付き合いください。

Foxfireブログ



スタートの登山口の牧ノ戸峠は0℃…車は私たちを含めて3台のみ!除雪車も走っていましたが、ノーマルタイヤはもうこの時期はNGです。

Foxfireブログ

15分ほどで展望所に到着!体も温まってきました! スタート時のレイヤリングは、肌面から トランスウエットサーマル +ゼロドライウール +トランスウエットシャツ +スライバーベスト にGOREのジャケット。
風がなかったせいかダウンを着なくても寒さを感じませんでした。 ここで、TSシャツとフリースベストを脱ぎその後も着ることはありませんでした。 どちらか一枚でもよかったなぁと感じました。 雪山の大切なポイントは面倒くさがらずに体温調節をすることです!合わせてここでアイゼンを装着しました。

Foxfireブログ

沓掛山に登ってくると気温はマイナス3℃!!雪の量も増えてきました。油断すると雪に足がずぼっ!となることも!! アウターはGOREのアルカンシェルジャケットにレインのパンツにAPオニキスパンツにAPロングスパッツのゲーター、ボトムにサーモテックレイヤードパンツ +TSサーマルスパッツ、このレイヤリングで下半身の寒さは全く感じませんでした。(個人差がありますので、男性の方は暑く感じるかもしれません。)

Foxfireブログ

とにかくこの日は雲が晴れず、ガスの中を歩いていきました。 周りの景色が見えないせいか、歩いけども~歩けども~という感じでした。

Foxfireブログ

ついには遊びだす私…軽い活を入れられる。笑 しかし、どこまでも続く真っ白な世界は美しく疲れを感じることはありませんでした。

Foxfireブログ

分岐に来ても周りは真っ白…久住分かれの非難小屋まで登り天候をみることに。 冬山では防寒の小物も必須! キャップはWASHニットワッチ グローブはAPオーロラスノーグラブにTSサーマルのグローブ グローブに関しては、私は寒がりなのでインナーはウールにするべきだったかな?と思いました。

Foxfireブログ

小屋に到着しても天候は変わりそうにありません… 予定を変更して、ここで昼食です!

きょうの山ごはんは「トマトパスタ鍋」ぐつぐつ煮込んで熱々で頂きました! (食べるのに夢中で肝心な鍋写真がありません…) 休憩中はダウンジャケットを着用!小屋の中は風がないので、これで十分でした。

Foxfireブログ

昼食後もあいにくの天気で、山頂はあきらめ下山することに!…名残惜しみつつ、また来るからね~! さて、最後になりましたがストックはトレッキングポールi-120W 今回もストックにだいぶ助けられました。 シューズはKEENのターギーⅡミッドにZDソックスの厚手

靴に関しては雪山にはちょっとライト過ぎましたが、私は十分快適でした。ただ、冬用ブーツはものすごく快適なのだろうなぁ~とも感じました。

さて、今回はウェアを中心に話してきましたがいかがでしたでしょうか? 今回の山行で自分の装備を改めて見直すことができました。 上記で紹介していなかったものでこれは必須!と思ったのはバラクラバとサングラス、もしくはゴーグル!

Foxfireブログ

早いものでもうすぐクリスマス…あっという間に大晦日!1年あっという間ですね。 今年も残すところわずかになってきましたが、皆さんは2014年の登り納めしましたか? 私はあと2回登る予定です!しっかり登り納めしてきます!みなさんもぜひ~!



Foxfire FACTORY OUTLET 福岡/とりちゃん 

牡蠣と絶景を楽しむなら糸島へ! 福岡県 立石山

2014.12.04 Update

皆さま、こんにちは。 12月になり一気に冬らしくなってきましたね。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて今回は早速ですが、この季節におすすめしたい冬山トレックをご紹介したいと思います! 昨年は糸島富士とも呼ばれる可也山をご紹介しましたが、今回は糸島半島の最西端に位置する「立石山」 標高209mながらもその景色は息を呑む素晴らしさです。

Foxfireブログ

閉館中のビーチホテル横が登山口です!…ここがちょっと怖いです。 木々が多い茂る林を抜け、振り返ると海が見えてきます。 ちょっと登ってきただけなのに景色がいい!とにかくナイスビューなのです!

Foxfireブログ

林を向けると大きな岩がごろごろと現れます。花崗岩の岩山である立石山、登山道も岩の道に変わってきます。

途中、絶景ベンチもありますが山頂を目指します。体力に自信のない方はここまででも十分楽しめると思います!私たちはラストスパートで山頂を目指します。 ここから大きな岩や急坂を越えて、立石山の山頂に到着です!ゆっくりペースでも1時間半ほどで到着します。

Foxfireブログ

以前はここからの眺めはなかったのですが、山頂標識の後ろの林が伐採されており唐津方面が望めるようになっていました。 …眺めが良いのはいいですが、以前の姿を知る私からすると少し淋しい気持ちになりました。

ここから、ビュースポットへ向かいましょう! 山頂から3~4分ほどで到着!ここからは360度見渡すことができます。 この日は海上にはっきりと壱岐の姿も!

Foxfireブログ



こちらは唐津方面!唐津城や宝当神社で有名な高島まで見ることができました。

Foxfireブログ



こちらは福岡方面!脊振山地から福岡タワーまで見えました!

では、ここで、いつものきょうのおススメ!

Foxfireブログ

これからの季節、あったかかわいい小物は必須です! 今回着用しているのは、WASH! ニットワッチキャップ(着用カラー:ブルー 廃番カラー) ウォッシャブルウールで温かく、お洗濯もできちゃう万能アイテム! 同じシリーズでヘアバンドやネックゲーターもおすすめです!

さて、帰りも同じルートを降りていきます。帰りは海が目の前に見えるので、行きとはまた違った景色が楽しめますよ!

Foxfireブログ

下山後はお楽しみの~牡蠣小屋!!!!岐志漁港の岡崎旭星へ!やほーい! (詳しくはこちらから) じゃじゃん!牡蠣はもちろんイカ一夜干し、はまぐり、牡蠣飯とた~っぷり楽しみました。 牡蠣をこんなにお腹いっぱい食べれらるなんて、この季節だからですよね!おご馳走様でした! 今回ご紹介した冬山プランいかがですか?初心者の方から気軽にチャレンジできるのではないかと思います。 これじゃ登り足りないなぁという方には、忘年会登山として楽しんでみてはいかがでしょうか?

一気に冬らしい気候になってきましたね。 今年こそは冬山泊にチャレンジしてみたいと防寒装備を見直し中の私です。 皆さんの冬山の計画はいかがですか?楽しい山になるように店頭でしっかりサポートさせて頂きますので、お店にも足を運んでくださいね!



Foxfire FACTORY OUTLET 福岡/とりちゃん 

【熊魂(ユーコン)通信】Vol.19

2014.11.18 Update

  日本では紅葉の季節、北緯60度のこちらホワイトホースはすでに雪景色ですが、今回もまだこの夏の出来事をもう少し綴りたいと思います。

8月に、日本の家族が初めてユーコンへ遊びに来ました。我々夫婦が惚れ込んで移り住んだここユーコンや、お隣りアラスカの魅力をどうすれば伝えられるのか…?我々が選んだのはRVでの旅行でした。RVとはRecreational Vehicleの略ですが、日本でRVと言うといわゆるアウトドア志向の四駆やワゴン車の総称というイメージだと思います。この日本で言うRVは、こちらではSUV=Sport Utility Vehicleと呼ばれています。ではこちらで言うRVとは…?

こちらのような車です。

 

Foxfireブログ
Recreational Vehicle

Foxfireブログ
後ろから

そう、キャンピングカーです。こちらでは凄く一般的で、個人で所有している人も多く、またレンタルも盛んです。特にホワイトホースは夏になるとRVで溢れかえります。というのも、ホワイトホースはアメリカ本土とアラスカを繋ぐ『アラスカ・ハイウェイ』沿いにあるからです。このアラスカ・ハイウェイは、第二次世界大戦時にアラスカのアリューシャン列島が日本軍の攻撃を受けたこともあり、アラスカの軍備強化のためにアメリカ本土と陸路で繋ぐために築かれた道路です。現在ではキャンパーに人気のルートとして、毎夏多くの旅人がホワイトホースを通り過ぎて行きます。

実は我々がRVを借りるのはこれが二度目。一度目は2009年。一番大きなサイズのRVを借り、当時住んでいたカナディアン・ロッキーから夢と家財道具だけを詰め込んでこのアラスカ・ハイウェイを北上し、住むところも仕事も無いユーコンへやってきました。5年振りのRV旅行は、そんな自由な生き方を許してくれている日本の家族へのせめてもの恩返しです。

さて、この大きさですから装備も充実しています。内装はこんな感じ。

Foxfireブログ
車内・前方

Foxfireブログ
車内・後方

運転席上部に大人2人、車両最後部に大人2人、車両中央のテーブルとイスをフラットにして子ども2人が寝られます。キッチンにはシンク、ガスコンロ、冷蔵庫、電子レンジがあり、トイレとシャワーも付いています。上流水タンクと汚水タンク、プロパンガス・タンク、大型バッテリー2個、発電機も備えています。

RV旅行が盛んなため、それを支える設備も整っています。公営のキャンプ場はキャンプテーブルと公衆トイレ、井戸があるくらいですが、あちこちにあって一泊1,500円ほど。民営のRVパークと呼ばれるキャンプ場だと一泊3,000円前後で各キャンプサイトに上流水と電源プラグ、下水を流すための穴があり、全て繋げると水も使い放題、汚水流し放題でタンク容量を心配する必要も無く、電気も不安無く使えます。シャワー室やランドリーがあることも多く、快適です。

Foxfireブログ
民営のRVパーク

我々は元来キャンプに利便性は求めておらずテント派ですが、テントは設営と撤収に時間がかかるのと、日本から来る人にいきなり長期間連日のテント泊というのは最初は楽しくてもだんだん疲れてくると思うので今回はRVにしました。テントの設営がないと着いてすぐに遊べるので時間が限られている今回のような旅では非常に助かりました。

Foxfireブログ
延々と続く未舗装路を行く

今回はホワイトホースから一路北へ、ゴールドラッシュで沸いたドーソン・シティを目指し、そこから西へ国境を越えアラスカへ。南西へ向かってアンカレッジ経由、港町のスワードを目指しました。
つづく



Foxfireフィールドスタッフ/花谷 タケシ

初めてのフライフィッシングスクールat関西

2014.11.17 Update

“初めてのフライフィッシング”が11月9日の日曜日に行われましたので今回はその様子をご紹介したいと思います。

 関西ではまだまだ認知度の低い“フライフィッシング”を多くの方に体験していただきたいと考え続けています。第一回は昨年2013年の11月に始まり、第二回は今年の4月、そして今回で3回となりました。すべての回を関西の中心店舗であるフォックスファイヤー・グランフロント大阪店で企画・運営を行っておりますが、回を重ねるごとに参加希望者が増え、今回も定員20名様のところにキャンセル待ちの方が出るほどの好評企画です。 “初めての”とあるように、あくまでフライフィッシングを全く知らない・やったことのない方に釣りを通して自然の素晴らしさやアウトドアの楽しさを知っていただくことが何よりも大切。難しいことや専門用語はすべて無しです。今回も参加者のみなさんに渓流のせせらぎの中で魚の引きを楽しんでいただきました。


11月9日当日は朝から小雨が降るとても寒いスタートとなりました。 参加者の皆様はしっかりとレインウェアを着てまずは道具に慣れていただくキャスティング練習。


Foxfireブログ


そして一時間もすると、

Foxfireブログ

さっそくヒットです。
その後も、魚の活性は低い中ヒットが続きます。

Foxfireブログ

Foxfireブログ


男性陣もキャッチです!

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

初めて毛ばりで釣り上げたニジマス。 躊躇なく魚をつかみ笑顔でパチリ!


Foxfireブログ


皆勤賞のKさん(女性)。完全にフライフィッシングにはまり、毎回一番多く魚をキャッチしています。 さすがです!

Foxfireブログ



あっという間にお昼です。 美味しそうなお弁当持参で楽しそうに食べておられました。 今回もスタッフ手作りの豚汁で、雨で冷えた身体を温めていただきました。

Foxfireブログ

Foxfireブログ


午後の部も、更に魚をキャッチされ笑顔が絶えない一日でした。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

みなさん魚をキャッチした笑顔は本当に素敵ですね!

みなさんの魚を手にした時の笑顔が本当にまぶしい一日でした。

Foxfireブログ


そして毎回“みんなの毛鉤倶楽部”の皆様と代表の榛木さんには講師として本当にわかりやすい説明と指導を頂きありがとうございます。さらに参加者の方々に寛いでいただけるようにとキャンプテーブルやイス、雨除けのテントやターフのご用意もして頂きこの場を借りてお礼をさせていただきます。

おまけ・・・ 当日の前に希望者の方には事前にお店で毛針をご自身で巻いていただきました。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ




今年はここから眺めてみました! 佐賀県 天山

2014.11.17 Update

皆さま、こんにちは。

前々回のブログでも話しておりました「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ2014」へ行ってきました! しかも、今年は嘉瀬川の河川敷ではなく佐賀市内を見下ろせる「天山」へ!! (今年何回目なのだろう…笑)

Foxfireブログ

ぐーたらコンビのYちゃんとのんびり登山を楽しんできました。

Foxfireブログ

いつもの天川登山口ではなく、上宮駐車場から登山スタート! 午後の競技が始まるのが15時。私たちは14時から登り始め、天山山頂を目指します!

Foxfireブログ

この時期、赤や黄色に色づいた葉っぱたちが鮮やかです。 サルトリイバラの真っ赤な実が森の中できらきら宝物のように輝く姿を見つけては嬉しくなります。

Foxfireブログ

あっという間に雨山と天山の分岐に到着!

Foxfireブログ

振り返ると雨山の姿が美しい~ 写真をぱしゃぱしゃと撮りながら登っていると…んっ?!あのかすかに見える丸い物体は… 「バルーンだ~!!!!」 気がつけば15時まで10分前!!Yちゃんに急げ~と言いながら、軽くダッシュ!!笑

Foxfireブログ

無事に山頂に到着~!ぽこぽこと色とりどりにバルーンの姿がちんまりと見えます。(色の識別できるレベルです…笑) 写真にも写っているはずなのですが、ちんまり過ぎて…見えませんね。 気になった方はぜひ来年!ここ天山から見下ろしてみてはいかがでしょうか。 ちんまりですが、私はこの贅沢な時間に大満足でした。

Foxfireブログ

さて、雲行きが怪しい中…Yちゃんがティータイムの準備をしてくれました。

Foxfireブログ

いただきま~す…ぽつ、ぽつり。 まさかの雨~! 早々とティータイムは切り上げて、レインを着て記念にぱしゃり! (カメラを置いた岩が強風により写りこんじゃいました。)

Foxfireブログ

ここで、いつものきょうのおススメ! これからのシーズンにアウターとしても大活躍のアルカンシェルジャケット(着用カラー:ライトグリーン)
GORE素材の軽量ジャケットです。フードが取り外し可能で、タウンユースにもおすすめです! これからの季節、インナーにフリースやダウンを着ていただければ保温性も抜群です!

Foxfireブログ

今日の山頂は私たちだけ~…そりゃ、そうですよね。笑 そのまま登ってきたルートを下って、無事に下山完了しました。

早いもので、気がつけば街はイルミネーションが鮮やかな季節になりました。 マリノアのクリスマスイルミネーションも毎年かわいいので、ぜひ見に来てくださいね!



Foxfire FACTORY OUTLET 福岡/とりちゃん 

最強の!?低山へ 佐賀県 黒髪山

2014.11.15 Update

皆さま、こんにちは。 朝晩、肌寒く感じるこの季節。樹木の葉っぱたちが少しずつ色づき始めました。 秋を感じる瞬間が日に日に増えてきています。


Foxfireブログ

さて、今回は佐賀県にあります黒髪山へ仲良しMさんとガールズトレッキングを楽しんできました! 別名・最強の低山!の異名を持つ「黒髪山」(…私が勝手にそう思っているって説もあります。)

私事になりますが、黒髪山は私の初登山の山なのです! 初めて登ったのは十数年前…あの時はこんなに自分がこの山に登りに来るとは思ってもみませんでした。 紅葉の森を歩いたこと、ひーひー言いながら登った道、連れていってくれたおじさんが山頂で温かいコーヒーを振舞ってくれたこと…いまでも鮮明に覚えています。

Foxfireブログ

黒髪山の魅力はたくさんあるのですが、1年を通じて登りやすいことやルートが豊富にあること、登山道からみる巨石の数々、山頂からの最高の眺め…と語りつくせません!!
そんなだいすきな黒髪山をたっぷりご紹介したいと思います。 今回は竜門登山口からスタート~見返り峠~天童岩・黒髪山山頂~蛇焼山~竜門登山口とぐるっと周遊するコース!

Foxfireブログ

かわいいMさん!登山口からすぐ森の中へと進んでいきます。ごろごろとした岩の続く登山道、しっかりとしたトレッキングブーツで来ることをおすすめします。 沢沿いに登っていき、周りには巨石たちが次々にその姿を現します!! 巨石の上に根付く大きな樹木…ツワブキの黄色の花が暗い森に映え美しい。 生まれたばかりの小さなニホンカナヘビちゃん…ひょこひょこ歩きまわるザトウムシなど生き物の気配で溢れる森です。
石段の階段を登り、峠まではおよそ1時間。ここで乳待坊からのルートと合流。 ここから数分で雄岩と雌岩の絶景スポット!ちょっと寄り道して雌岩へ。

Foxfireブログ

…今回はじめて雌岩に来たのですが…高度感がすごくて、足がぶるぶる! 写真では伝わらない!!…ので、ぜひ行ってみてください。
登山道に戻り、山頂を目指します。ここから急坂を登り一気に高度を上げていきます。

Foxfireブログ

そして、鎖場へ…ここも高度感がすごいっ!!高いところが苦手な方はご注意ください。 なかなか怖いです…。
そして…最後の鎖場を登りきると

Foxfireブログ


どどーーーん。山頂に到着!きょうも絶景です。

Foxfireブログ

ここでMさんと記念ショット&きょうのおススメ!!
「セーターフリースショーツ」
Mさんとおそろいコーデ(TSボーダーも!) 動きやすく、適度な保温性もあり見た目もキュート!ですよ。 さて、お山に戻りましょう。

Foxfireブログ

山頂からは360度のナイスビューイング! 遠く脊振山系や天山の姿も見ることができました。
山頂でごはんを食べて、はしゃいで(笑)下山開始です! 帰りのルートはまた雰囲気が違い面白いです。途中、登ってきた谷沿いの絶景が見れる場所も!

Foxfireブログ


急なくだりが続きますので、慎重に歩いていきます。

Foxfireブログ

途中、鬼の岩屋(巨石でできた家のような姿)で休憩して、1時間ほどで分岐に到着。 そこから登山口までは20分ほど。下山完了~! 紅葉の時期にはまだ早かったですが、大満足の山行となりました。
標高の高い山の紅葉はピークを迎えています。 これからは低山や身近な場所に秋の色がやってくるので、皆さんも出かけてはいかがでしょうか?



Foxfire FACTORY OUTLET 福岡/とりちゃん

くじゅうの秋 大分県 天狗ヶ城 星生山

2014.11.07 Update

皆さま、こんにちは。 早いもので11月!お隣の佐賀県はバルーンフェスタに唐津くんちと秋のお祭りでにぎわう季節です! 今年はバルーンフェスタをある場所から見てみようかなと計画中…。 きれいに見ることが出来たら報告しますね!

Foxfireブログ

さて、今回は九州の紅葉といえばココ!と言っても過言ではない!大分県のくじゅう連山へいってきました。 紅葉シーズンの真只中…とは言えず、6分?くらいの紅葉でしたがやっぱりくじゅう!たっぷり楽しませてもらいました

今回は牧ノ戸峠登山口からスタート~久住分かれ~天狗ヶ城~久住分かれ~星生山~星生分岐~牧ノ戸峠登山口と絶景を楽しみました。

Foxfireブログ

久しぶりの牧ノ戸コース。このコースは高低差が少なく、歩きやすいので初心者の方も安心です。 尾根が遠くまで見渡すことができ、ここを歩いていくのね~と楽しくわくわくした気分になります!

Foxfireブログ

あっという間に分岐近くに到着。 もくもくと白煙が立ち昇る硫黄山の姿が間近に感じることができます。

Foxfireブログ

ここから一気に天狗ヶ城へと向かいます。途中、視線を横にやるときらきら輝く御池の姿が! 急坂を登りきると…

Foxfireブログ

中岳、大船山、平治岳、由布岳、三俣山、星生山、久住山…と、久住の山々たちの姿が!!(写真は大船方面)

Foxfireブログ

こちらは三俣方面。小さく平治岳の姿も!

Foxfireブログ

こちらは稲星方面。御池の姿も! 360度ナイスビューイング!ここでランチをゆっくり楽しみしばし休憩…山頂も広く、ゆったりした時間を過ごすことができました。

一路、久住分かれまで下り、そこから岩稜帯を超えて星生山へ! ここは大きな岩場が連続するので、慎重に進みます。

Foxfireブログ

40分ほどで山頂に到着!星生山は登山客でにぎわっていました! ここからの硫黄山の眺めは圧巻です! 遠く扇ヶ鼻の紅葉がうっすらと色づいているのが見えました。

Foxfireブログ

帰りは星生山分岐まで下り、そこからは行きのコースと合流。 振り返ると鮮やかに紅葉した山肌の姿が…

Foxfireブログ

最後にいつものおすすめポイント! 今回は秋冬お役立ちアイテムTSサーマルシリーズです。
私が着用しているのがインナー&スパッツ&ネックウォーマー!着たときの肌触りが柔らかく、温かい!吸汗速乾素材かつストレッチ性も抜群!長時間着ていても楽チンです。私は山以外でも普段も愛用しております! ぜひ、秋冬のアイテムに加えてみてはいかがでしょうか?

沓掛山を経由し、無事登山口に下山完了。 雄大な久住の山々に酔いしれた1日となりました。

もう山は秋が過ぎ、冬への準備が始まっていますね! 冬山も楽しみです!冬山を楽しく登れるようしっかりした装備を! 店頭には冬山でも快適に過ごせるアイテムがそろっております。 とくに防寒グッツが充実していますので、ぜひ店頭に足を運んでください。


Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

【ネイチャーツアー】 百名山乗鞍岳から始める、絶景の3,000Mチャレンジ!(後編)

2014.11.07 Update

後編



今回宿泊した山小屋は、位ヶ原山荘。 冬季も営業しているスキーヤーからも指示の高い山小屋です。

Foxfireブログ
ノスタルジックなおもむきの山荘


山小屋の窓から茜色の光りが差し込んで来たので誘われるように外へ。
晩御飯は、名物鹿鍋! 鮮度の高い鹿肉を使用している事もあり、これが最高においしい!

Foxfireブログ
冷えた身体に染み渡ります!


この日の宿泊は他にお二人だけというプライベート感にこの雰囲気。 おのずと笑顔がこぼれます!

Foxfireブログ
いい顔してますね!

Foxfireブログ
小峰ガイドには恒例の山盛りご飯



晩御飯の後は、小峰ガイドによる乗鞍今昔物語がスタート。 逸話、歴史小話、怪談話まで相変わらずの饒舌っぷりを披露。笑

Foxfireブログ
さすがです


その後は皆でお月見と脂肪燃焼ナイトウォーク。 たまにはゆったりとこんな山旅も必要ですよね。 濃い時間が過ぎていき、気持ちよく就寝。


2日目 最終日は終日雨予報。 午前中は山のリスクや、装備に関する講座を開催。 山小屋の談話室のコタツで行う講座は大好評!

Foxfireブログ
小屋2階から

リクエストにお答えして小峰ガイドのザックのなかを徹底解剖。 知恵の詰まった厳選品に一同関心。 身の回りの物を一工夫して、山装備に変換させるアイディアは勉強になります。

Foxfireブログ
皆さん興味津々

午後からは、昨日歩けなかった乗鞍高原を雨の中散策。 冷たく濡れる雨歩きも晴れの日には無い魅力が沢山。 一度経験すると、やみつきになる独特な空気があります。 土の香り、雨音、鳥の声、澄んだ空気、色など見えない自然の息吹を 晴れの日よりも強く感じられます。

Foxfireブログ
牛留池

Foxfireブログ
雨でも笑顔!

Foxfireブログ
独特な澄んだ空気


最後は、、、 乗鞍といえばなんと言っても温泉です!! 乳白色の硫黄泉で強い温泉好きにはたまりません。 冷えた身体を芯から暖め、乗鞍を後にしました。
このツアーは小峰ガイドが「地元を紹介したい」という意見から発足した企画でした。 「その土地に根付いたガイドが地元を紹介する。」 それはこんなにも濃厚で、こんなにも印象や感情や表情を変えてしまうのかと驚かされました。 こういうツアーを今後も継続して開催していきたいですね。

ご参加いただきました皆様 スケジュール変更等ありましたが、快くご理解ご協力いただきありがとうございました。 不慣れな点等多々あったと思いますが、微力ながら添乗させていただき感謝いたします。 また、まだ参加されていない方も是非ご参加くださいませ! こんなプライベートなツアーはなかなかありませんよ! 皆様のご参加お待ちしております!




【ネイチャーツアー】百名山乗鞍岳から始める、絶景の3,000Mチャレンジ!(前編)

2014.10.23 Update

前編

秋も深まりトレッキングには最適な気候になってきました。
今回のツアーは、10/4~5北アルプス乗鞍岳(3026m)にて行われました。
紅葉は最盛期との事で、事前情報から期待が膨らんでいました。
が、しかし。
前回の赤岳に続き、今回も台風の前線直撃予報が二日目に出てしまいました。
雨男は今回も健在。。
今回のガイドは毎度お馴染み、ODSS乗鞍の小峰ガイド!
乗鞍は小峰ガイドのホーム!(春~冬までガイド)
今回は、観光地乗鞍岳ではなく、乗鞍高原~乗鞍岳剣が峰までを登る行程です。

「霊峰乗鞍岳」
この山に隠された歴史、文化を含め、地元ならではの視点で案内していただきました!

1日目 新宿~乗鞍高原まではバス移動。
移動中に小峰ガイドからTEL。いやな予感。笑
二日目は終日大雨になる可能性が高いとの事。
ここで急遽予定を変更し、天気が良い初日に剣ヶ峰へ行くことに!
峠道は紅葉が鮮やかに燃え、バスはドンドン標高を稼いで行きます。
肩の小屋登山口(標高)までバスで行けるとは さすが乗鞍。

準備運動と高度順応を済ませ、いざ剣ヶ峰へ!
肩の小屋口から剣が峰へは往復で2時間程度。
しかし、3000m峰の高山には危険がつきものです。
※高山病や、低体温症、滑落などの危険が潜んでいるので注意が必要です。

Foxfireブログ
元気良くスタートです

しっかりと整備された登山道を快適に登ると、山頂がみえてきます。

Foxfireブログ
乗鞍主嶺

標高をかせぐにつれ、付近の高山から山梨側の高山まで次々と姿を現わします!

Foxfireブログ
雲海の先に南アルプスの勇姿

Foxfireブログ
槍ヶ岳、穂高方面

雲海に浮かぶ、北アルプス、八ヶ岳、白山、南アルプスと日本を代表する山々を一望できます!
これぞ絶景!

Foxfireブログ
白山

さらに登りを繰り返し、いよいよ山頂直下。
高度感が上がり、岩場も増えてきます。

Foxfireブログ
the 北アルプス

そして剣ヶ峰登頂!
10月ともあり、山頂の気温は低く、台風の前線の影響で風も強めでした。

Foxfireブログ
山頂

Foxfireブログ
槍、穂をバックに

この景色を2時間で見に行ける事になにより驚きました。
冷たい風が吹き抜ける山頂からの下りも、
レインJKTを着ていれば心地良く秋の訪れを感じられますね!

Foxfireブログ
下りの岩場は慎重に

Foxfireブログ
北アルプスに想いを馳せます

そして無事下山。
幸いにも高山病の方もいらっしゃらず、
終始初秋の北アルプスの絶景を堪能する事ができました。

後編へ続く。

Foxfire 池袋西武鈴木

秋の花たちに会いにゆく 佐賀県 天山

2014.10.15 Update

皆さま、こんにちは。

吹く風が秋めいてきましたね。
お山には秋の訪れを教えてくれる花たちでにぎわっていますよ。

Foxfireブログ

さて、今回は佐賀県と福岡県の県境にある天山へ。(2014年9月28日)
最短コースは山頂までわずか20分で登れる天山!この日も多くの登山客や家族連れでにぎわっていました。

今日の目的は秋の野草たち!私はタンナトリカブトの群生を見るのを楽しみにしていました。
天川登山口に車を停めて、いざ登山開始!!

Foxfireブログ

秋晴れに恵まれ絶好の登山日和です!日が昇ってすぐなので、空気も冷たく気持ちが良い山歩きです。
やっぱり早起きするといいこといっぱいですね。
この日は見晴らしも良く、脊振山系の山々たちが見渡せます。
佐賀平野側は少し霞んでいましたが、稜線が美しかったです。

あっという間に山頂に到着!(早いっ!!笑)
天山の山頂は広く、尾根に今回の目的の花たちが咲いています!

Foxfireブログ

少し休憩をしてお花探しへ!

まず見つけたのが、マツムシソウの群生。あちらこちらに水色の花たちが揺れていました。
マツムシソウは漢字で書くと「待虫草」その名のごとく、花のプラットホームに蜂たちがやってきていました。

Foxfireブログ

その他にも、アキノキリンソウにウメバチソウ、サルトリイバラには薄く色づいた実が!
そして…タンナトリカブトも見つけることができました。

Foxfireブログ

ひとつ見つけると、目が慣れてきてどんどん見つけることができました!
独特の花の形に、美しい青の色。…見ることが嬉しい~。

Foxfireブログ

ススキのきらきら輝く尾根歩きで心も体もリフレッシュ!

Foxfireブログ

高低差も少ないので、初心者の方にはとくにおすすめです!

Foxfireブログ

山頂に帰ってくると、多くの登山客でにぎわっていました。
ランチにはちょっと早いですが、ブランチ?ということで、すきなものをはさんで食べるサンドパン!
デザートには柿とりんご!温かいホットコーヒー付き!
食欲の秋だ~!お腹も満たされ大満足。

Foxfireブログ

休憩中のハナちゃんキュートですね。

最後になりましたが、ここで今日のおすすめアイテムの紹介です!
吸汗速乾+UVカットの機能「マルチマッフル」です!
首周りの日焼けや顔まで上げてマスク代わりにも使えます。
なんといっても付け心地がいい!さらっとしていて付けているのも忘れるくらいです!
私はヘアバンドで使ったりもしています。快適アイテムにプラスしてみてはいかがでしょうか?
カラーバリエーションも豊富です。山友達へのプレゼントにもいいですね!

Foxfireブログ

記念に一枚!今日のお山メンバーのSさん夫妻とハナちゃん!
またみんなで登りましょうね!

季節は秋、紅葉の季節ももうすぐそこという感じです。
過ごしやすいこの時期、秋山トレッキングへ出かけてみてはいかがですか?

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡とりちゃん

秋のコーディネート【女子旅編】

2014.10.10 Update

皆さん、こんにちは!
ALBi大阪店 山好きふくくまです。

紅葉の季節となり、山へ行きたい!というお客様が増えている今日この頃。
コーディネートで悩まれている方も多いと思います。

というわけで今回はALBi大阪店スタッフによる
オススメコーディネートを紹介したいと思います♪
テーマは「いよいよ紅葉シーズン到来!日本の四季が味わえる紅葉を堪能しながら、
心も身体もリフレッシュ!ハイキングへGO~!」

今回着まわしたのはこちら!

Foxfireブログ

トランスウェットブロディチェックロングシャツ ¥12,800+TAX

吸汗速乾素材のシャツで肌面が微起毛されていて保温もできるシャツです。

定番シャツもロング丈にすることで普段着としてもOK。
腰周りもカバーしてくれます。

ではさっそく・・・

コーディネートその①
バス釣り好きのなかさんオススメ

セーターフリースベストTSバンブーT長袖アガルタカーゴパンツZERO-20Gアドベンチャーハット

Foxfireブログ

ポイントは「アガルタカーゴパンツ ¥12,000+TAX」

Foxfireブログ

スリムフィット仕様で普段着としてもはきやすいシルエット。
裾はロールアップやブーツインされてもかわいいですよ!

コーディネートその② ALBiきっての癒し系カメラ女子!とみねこさんオススメ

グライドダウンベストTSマルチT長袖アガルタカーゴパンツフライヤーズウエスト

Foxfireブログ

ポイントは「グライドダウンベスト ¥17,000+TAX」

Foxfireブログ

撥水加工された羽毛(クイックスダウンTM)を使用した濡れに強いダウンベスト!
濡れても温かさを失いません。手洗いもOKです!
白いダウンで明るさをプラスしてみました!

コーディネートその③
山女子ふくくまオススメ。

TSスムースマルチT長袖ビスタウールショーツノルディックコンプレレギンスブルーノニーブーツフライヤーズウエストダブルスタイルハット

Foxfireブログ

ちょっと暑くなったら腰巻きにしても良いですね♪

Foxfireブログ

ポイントは「ブルーノニーブーツ ¥16,800+TAX」

Foxfireブログ

全て日本の職人さんが作り上げたMADE IN JAPAN!!!!のラバーブーツ。
インナーには制菌加工素材もついています。

ブーツが苦手・・・という方は「ハフリンガー」シリーズでかわいくコーディネート してもOKです♪(Foxfireでは一部の店舗のみで販売)

Foxfireブログ

いかがでしたか?
今回着まわしたシャツは山好きふくくまとしては、下山後の湯上りスタイルに
使えるのでは?と狙っております♪
今回ご紹介したウェアは全国のFoxfireストアで販売中です!
気になった方はぜひお近くの店舗まで!
もちろんALBi大阪店でもおまちしておりますよ~!
皆様にお会いできるのをスタッフ一同楽しみにしております!!

最後に・・・
今回御嶽山の突然の噴火により多くの方が被災されました。
お亡くなりになられた方へ心よりご冥福をお祈りいたします。
また被災された方が1日も早くご回復されますように・・・。

Foxfire ALBi大阪ふくくま

おすすめの新製品情報!!

2014.10.08 Update

こんにちは!ALBi大阪店 ふくくまです!

今回は新商品のご紹介をしたいと思います!!
個人的にお気に入りでこれからの季節にぴったりな商品です。!

メンズ・スライバージャケット ¥16,000+税

Foxfireブログ

ウィメンズ・スライバージャケット ¥16,000+税

Foxfireブログ

メンズ・スライバーベスト ¥13,800+税

Foxfireブログ

ウィメンズ・スライバーベスト ¥13,800+税

Foxfireブログ

保温性・速乾性をもったハイロフトのフリース使用。
何といっても軽量でやわらかい!!
ファスナー部分のテープの柄が、今年は新しくなりジャカード柄が
さりげないアクセントになっています!

またジャケットは「ユニットシステム」対応で、
Foxfireのユニットシステム対応アウタージャケットのインナーとして
お使いいただけます!

Foxfireブログ

さっそく着せてみました!

Foxfireブログ

ちょっと寒いけどジャケットはまだ暑い・・・というときにはベストを。
寒くなってきたらジャケットを着てもこもこでほかほかになってみては
いかがでしょうか♪

気になった方は是非最寄りのFoxfireストアまで!
もちろんALBi大阪店でもおまちしてますよ~~!
皆様に会えるのを楽しみにしております!

それではまた!!

Foxfire ALBi大阪ふくくま

【熊魂(ユーコン)通信】Vol.18

2014.10.07 Update



前回、初夏の様子を綴ったのですが、極北の短い夏はあっという間に通り過ぎていきました。

今夏は天候に恵まれず、曇りや雨の日ばかり。夏らしい日は数えるほどしかなかったように思います。短いけれど素晴らしい夏を待ちわびて極寒の冬を耐え忍ぶ我々にとって、今年のような冷夏は残念としか言いようがありません。既に紅葉も終わり、また長く暗く寒い冬に向けて気持ちを切り替えていかなくてはなりません。
そんな夏でしたがそれもまた自然。その中で私が見たもの、体験した事をまとめていきたいと思います。


7月中旬、一泊二日でしたが世界遺産であるクルアーニー国立公園へ撮影に行きました。運よくこの二日間は天候に恵まれました。気持ちの良いドライブはついつい距離が伸び、気が付けばアメリカ(アラスカ州)との国境に近い町まで着ていました。そんな計画性のない行き当たりばったりの撮影行でしたが、おかげで道中こんな景色に出会ったり。

foxfireブログ
ピックハンドル湖面に映る雲

この時期、ユーコン中を彩るのがこの花、ファイヤーウィード【Fireweed】(日本名:ヤナギラン)。生命力の強い花で、森林火災の跡地に真っ先に根付く花です。

foxfireブログ
ファイヤーウィード【Fireweed】


前回、ワイルド・クロッカスが春を告げる花だと書きましたが、こちらファイヤーウィードはユーコンやアラスカの夏の花。この花を見ると夏だなあと嬉しく感じるのと同時に、この花がしおれると夏が終わってしまうので満開の時期を過ぎると今度は焦り出します。 一日目に出会えた動物はブラックベア(アメリカクロクマ)一頭のみ。私の存在を認識しつつも逃げることなく食事を続けていたので比較的じっくりと観察、撮影することが出来ました。ただし毛並みがあまりにも悪いクマでしたので良い写真は撮れませんでした。それもまた『野生』なわけですが。
翌朝は日の出前から活動開始。まだ薄暗い中、車で移動していると道路を横断していく丸い物体を発見。

foxfireブログ
毬?

さてこのまあるい物体は何だかおわかりでしょうか? 前から見るとこうです。

foxfireブログ
正体は…

その正体はヤマアラシ【Porcupine】でした。前から見ると蓑を着ているみたいですね。しかし後ろは硬い針で覆われています。ここに住んでいると、犬がヤマアラシを襲って返り討ちに遭い、口の周りに針がいっぱい刺さって病院に運ばれたという話をよく聞きます。

foxfireブログ
ヤマアラシの針

先住民の間では、西洋からビーズがもたらされる以前、この針を平たくしたり染色したりして革製品の装飾に使っていたそうです。
ヤマアラシと遊んでいる間にようやく陽が昇ってきました。こちらはクルアーニー国立公園の南に隣接するブリティッシュ・コロンビア州のタッシェンシニー・アルセック州立公園【Tatshenshini-Alsek Provincial Park】。クルアーニー国立公園と共に世界遺産に登録されています。

foxfireブログ
タッシェンシニー・アルセック州立公園


フイルムの頃から写真を撮られている方ならわかると思いますが、これだけ輝度差があるとリバーサル・フイルムならハーフNDフィルターを駆使するか、持っていなければ撮影を諦めていた状況です。それがノーフィルター、しかも手持ちで撮れてしまいました。未だにフイルムの味わいが大好きですが、デジタル時代になりフイルムでは撮れなかった写真が撮れるようになっているのは事実で、そこに新たな可能性を感じます。これからも『フイルムでは撮れなかった写真』を意識しながら新しい切り口を見つけていきたいです。
さて、一日目はブラックベア一頭と少々不完全燃焼だったのですが、ここから予想外のクマ・ラッシュでした。残念ながらグリズリーベアには出会えませんでしたが、結局この日だけで六頭のブラックベアに遭遇出来ました。当然みんながみんなじっくり撮らせてくれるわけではありません。人間の気配を感じるとササッと森の中へ消えてしまう個体もいます。この日は幸運にも半数の三頭が比較的寛容で、しばらくの間撮らせてくれました。

foxfireブログ
ブラックベア

この個体とはかなりの時間を共有できました。クマは視力が弱いですが、臭覚と聴覚が発達しています。気になることがあるとこの写真のように鼻を突き出したり、ときには立ち上がってそちらの様子を伺います。このときも私の存在には気付いていたので時折こうして私の様子を確認していたようです。


冷夏といえど、野生動物は当然活動的ですね。天気が悪いと文句を言うのは人間だけです。



Foxfireフィールドスタッフ/花谷 タケシ



Foxfire富士登山研修に行ってきました!

2014.09.10 Update

8月5日、6日
富士登山研修に行ってまいりました!!

全国各地からショップスタッフが、富士宮口5合目集合。
初めて出会うスタッフ同士、少し緊張しながらの朝でしたが
いざ、合流すると、会話も弾み、楽しい登山の予感です♪

このコースは5合目でも標高が2300mもあるので、まずは体を慣らすことが大事。
なので、各自食事をとったりストレッチをしたりと、山登りに備えます。

Foxfireブログ

少し霧がかかっていて、じっとしていると体が冷え切るくらいの寒さでした。
晴れることを祈りながら、出発。

Foxfireブログ

ゆっくりペースで歩いていくと、いつのまにか霧が晴れていて、
右手には宝永山、目の前には雲海が!!

Foxfireブログ

富士山八合目到着~♪
夜ご飯はカレーライス。
山の中、みんなで食べるご飯は、とっても美味しい~
この日は本当に晴天にめぐまれ、影富士も見ることができました。

Foxfireブログ

翌日。
午前1時半起床 2時出発。
ご来光を見るために、眠い目をこすりながら、出発の準備です。
小屋を出ると、満天の星空。
残念ながら、写真ではうまく写せませんでしたが
天の川や白鳥、流れ星も見ることができました!

九合五勺(9.5合目)。
ここから斜面が急になる上に、大きな岩がごろごろと転がっているので
さらにきつい印象です。

最後のひと踏ん張り。
鳥居をくぐれば、山頂到着!!

Foxfireブログ

Foxfireブログ

ご来光を拝んだ後は、ちょっとひとやすみ。
頂上で飲むあったかいお味噌汁!!幸せ~!(^^)!

Foxfireブログ

帰りは御殿場ルートから。
富士宮ルートに比べて、斜面が緩やかなので、足への負担も少ない気がします。
ただ、風が強いので、体中、砂まみれになりました(笑)

Foxfireブログ

行きとはまた違った角度から宝永山を眺めながらの小休憩。

Foxfireブログ

坂をすこし上った後は懐かしい富士宮六合目の小屋が見えてまいりました。
みんなで励まし合いながら五合目まで戻ります。

最後にパシャリ☆彡

Foxfireブログ

みんなで登った富士山。
同じ経験を通して、最初よりもぐっと距離が縮まりました。

たくさんの素晴らしい景色にも出会い、
どれもこれも、日常では見ることも、気づくこともできない貴重な空間でした。

この経験で得た知識や感動を、ストアで出会うお客様にも
お伝えできればいいなぁと思います。

Foxfire グランフロント大阪ARAGA

雨の戦場ヶ原(栃木県日光市)

2014.09.09 Update

今年は雨の多い夏になったので行きたい山にもなかなか行けず、今回は栃木県の日光国立公園内にある戦場ヶ原トレッキングで楽しむことにしました。もちろん雨ですが雰囲気が良く、幻想的な風景も楽しめましたよ。

佐野市内から車で高速を使って1時間半ほどで日光に・・いろは坂を上り詰め中禅寺湖を見ながらさらに北へ上ると集合場所の赤沼茶屋に到着。標高約1,400m辺りの赤沼から400ヘクタールにおよぶ湿原が広がっている。神話によると赤城山の神様(ムカデ)と男体山の神様(蛇)が戦った場所であったため戦場ヶ原と呼ばれるようになったとか。

この東側には男体山(2486m)太郎山(2368m)山王帽子山(2077m)三岳(1945m)の山々が連なり、西側には湯ノ湖から流れ出した湯川が流れている。

赤沼からスタート

Foxfireブログ

ほぼ平地の為初心者でも楽しく歩けますよ。いろんなコース、距離を自由に散策。雨が降っても大丈夫です。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

湿地帯なので木道が続きます。プチ尾瀬気分で楽しい~

Foxfireブログ

開けた場所から男体山。神話や植物の説明が書かれています。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

倒木の根もオブジェのように木道横をにぎわしています。

Foxfireブログ

戦場ヶ原に流れ込む湯川の水が美しく思わず川の中をのぞいてしまいました。

Foxfireブログ

本日の行程は約2時間半のトレッキング。雨なので昼食は東屋でのんびりと・・

Foxfireブログ

今回活躍したウェアーは
アルカンシェルジャケット(ゴアテックス完全防水素材)
APFWアクトストレッチジャケット(エアロポーラスファウルウェザー完全防水素材)

しっかり雨対策をすれば雨の日でも楽しめますよ~。ぜひ行ってみてください。

Foxfire FACTORY OUTLET 佐野みんみん

【お客様レポート】2014黒部源流「Trek&Fly Fishing」に参加して

2014.09.01 Update

2014年8月
年齢と体力を顧みず、昨年に続いて、参加しました。
今年は、入山時に大雨警報、有峰林道が通行止め、ようやくたどり着いた有峰ハウスで1日停滞、釣り談義がはずみ、クマさん親子の出迎えもあったりして!昨年は、下山時に大雨、有峰林道が閉鎖、山の天気は気まぐれです。


Foxfireブログ
有峰湖ビジターセンター付近

行き帰りの中継地、太郎平小屋まで、長い道のりを登ると、薬師が迫り、雲ノ平、水晶、三俣蓮華、野口五郎の山々が見渡せます。稜線を渡る風は秋の気配、疲れが消える瞬間です。

Foxfireブログ
折立登山口より出発


Foxfireブログ
太郎平小屋にて

拠点になる薬師沢小屋は、最初に訪問した40年前に較べると様変わり、高天原や雲ノ平に向かう吊り橋も立派になっていましたが、奥黒部の雄大な景観に溶け込んでいました。薬師沢と奥ノ廊下は、明るく開け、遡行するだけで爽快な渓。3,000m近い山々に囲まれ、けなげに生きる黒部イワナの世界からは感動が伝わってきます。

Foxfireブログ

今回は、1日だけの入渓になってしまい、我がグループは奥ノ廊下へ。しかし…しかし最初の渡渉地点が増水で…早々と退却の声。今年も赤木沢には振られてしまうのか!ククク悔し涙が…。やむなく薬師沢グループの後を追いかけました。5人が先行した後でも、ポチポチと、イワナがあいさつに来ました。

Foxfireブログ
ご本人

そして、先行グループに追い付き、追い越し、お先に…。暫し、幸福感に酔い、昼食のおにぎりが美味いこと!フフフ今度はうれし涙が…。午後からは謙虚に後方から大物を狙って遡行。大物はシタタカでなかなか姿を見せません。替りに中物が良く出てきました。

Foxfireブログ


Foxfireブログ

それにしても、黒部イワナは清く神々しく美しい。いつくしみ(?)そっとフックを外し、遡行を続けました。終了地点の左俣出合橋上で記念撮影、9人の顔がほころびました。ジンクリアーで水量豊かな流れは、真夏の日中でも12度、日本のオヘソ、大自然の真っただ中、振る毛バリをさえぎるものがない深山の渓へ、フライロッドを持って、是非、お出かけください。ただし、大自然とイワナには優しくネ!

Foxfireブログ
左俣出合で記念撮影


Foxfireブログ
黒部のイワナ


Foxfireブログ
薬師沢小屋でスタッフとともに記念撮影

案内をしてくださったREMS山岳ガイド本郷さんと赤木沢遭難事故の後始末でお疲れだったにもかかわらず合流してくださった太郎平小屋一樹さん、太郎平小屋と薬師沢小屋の皆さん、Foxfireツアーリーダー斉藤さんと平田さん、奥黒部の楽しい夏をありがとうございました。そして参加された皆さん、また会いましょう。 



稲葉政之

尾瀬・至仏山トレッキング

2014.08.20 Update

どうも!日本橋店の生意気小僧です!!今回は前回の花火に続き、避暑として尾瀬・至仏山に行ってきました!その様子を写真メインで報告したいと思います。最後までお付き合いくださいませ。

さて皆さんご存知の尾瀬。
Foxfireブログをご覧になっている皆さんは行ったことのある人も多いのではないでしょうか。その尾瀬と言えば、尾瀬沼やミズバショウ、ニッコウキスゲに草紅葉など見どころ満載の場所ですね。今回の7月末は少し遅いですがニッコウキスゲが所々に咲いていました。

Foxfireブログ
Foxfireブログ

今回の行程予定はこちら

1日目
6:00大清水―8:30尾瀬沼―9:30沼尻―12:00見晴(弥四郎小屋に宿泊)
2日目
5:30弥四郎小屋―7:00山の鼻―10:10至仏山―お昼45分―13:00鳩待峠

実際の行程はこちら

1日目
6:00大清水―7:30尾瀬沼―8:30沼尻―11:00見晴―13:30三条ノ滝―14:30弥四郎小屋
2日目
5:30弥四郎小屋―7:00山の鼻―9:20至仏山―山頂満喫20分―11:10鳩待峠

Foxfireブログ
Foxfireブログ

ご覧いただいた通り、時間をかなり短縮しています。
というのも・・・1日目は大清水~一ノ瀬で無料試験バス(エスティマハイブリッド?)が運行中で約3km 1時間を短縮できました。(乗るかどうか迷いましたが結局サボりました。笑)
そこで早まった時間を三条ノ滝にあてています。2日目は登り3時間のコースを2時間20分。下り2時間40分のコースを1時間30分で歩いて(走って)ます。
※決して実際の行程時間は参考になさらないでください

Foxfireブログ
Foxfireブログ
Foxfireブログ

僕自身、2度目の尾瀬でしたがここは飽きることがないと思います。山あり、滝あり、お風呂あり。尾瀬は都内からもバス(バスツアー)が出ており、非常にアクセスがしやすいので是非皆さんにも楽しんでいただきたいと思います。
もし僕が次回尾瀬に行く際には、もうひとつの山「燧ケ岳」を目指したいと思っています。 これから尾瀬に行ってみようと思っている方、山を始めてみようと思っている方、是非、日本橋髙島屋店に遊びにきてください!
心よりお待ちしております。


Foxfire 日本橋髙島屋 生意気小僧

【熊魂(ユーコン)通信】Vol.17

2014.08.13 Update

6月21日、夏至。北半球での日照時間が一年で最も長くなる日。北緯60度に位置する私の住む町ホワイトホースの日の入りは午後11時37分でした。(ちなみに日の出は午前4時27分)天気の良い土曜日だったので友人を招いて夕食にBBQを振舞っていたのですが、後片付けを終えた午後10時ごろ、思い立って「ちょっと撮影に行ってくる。」と家族と友人親子を残して抜け出しました。

向かったのは例年白頭鷲が営巣する巣。今年初めての訪問だったので、今年も営巣しているだろうかとドキドキしながら向かいました。午後11時ごろ到着すると、すでにかなり大きくなった雛が一羽いました。通常二、三羽のことが多いのですが、今年は一羽しか育たなかったようです。しばらく観察していると親鳥が一羽帰ってきました。餌の持ち帰りを期待していましたが残念ながら手ぶら(足ぶら?)でのご帰宅。彼らもお休みの時間なのでしょうか、雛は眠そうにうずくまってばかりでした。

『夏至の日の夕焼けと白頭鷲の親子』を撮りたかったのですが、雲がほとんどない快晴ぶりに、残念ながら空は焼けてくれませんでした。それでも深夜前に自然の中で彼らと自分だけの至福の時を満喫することができました。

Foxfireブログ
6月21日午後11時47分、夏至日の入り10分後に撮影

さて、この日は今シーズンから投入したビューマスターIIジャケットの使い初め。生地が非常にしっかりしておりユーコンでのハードな使用にも十分耐えてくれそうです。フォックスファイヤー製フォトジャケットの特徴といえば、もう説明すら要らないでしょうが特大の胸ポケットです。

Foxfireブログ
ビューマスターIIジャケット

写っているのはペンタックスのDA 60-250mm F4です。このレンズであればフードを正しく付けた状態でも余裕で入ります。 フード逆付けならカメラボディ(K-5IIs)を付けたままでも入ってしまいました。このあたりは小型軽量システムを使うメリットですね。試しにシグマのAPO 50-500mm F4.5-6.3 DG OS HSMを入れてみたところ、フード逆付けであれば三脚座を付けたままでも入ってしまい、これにも驚かされました。この特大ポケットの中には小さなポケットが隠れており、レンズキャップやフィルターなどを一時的に入れておくのに重宝します。フードにはレインガーター(雨どい)が設けられており、フードについた雨水がカメラにかかるのを防いでくれます。脇下のベンチレーションファスナーやフードのロールアップ機能、止水ファスナーなど、アウトドア・ジャケットとしてもしっかりと作り込まれています。今では撮影に欠かせない装備の一つです。

さて、夏至から四日後の6月25日、ユーコンでは夏の風物詩となったイベント『ユーコン・リバー・クエスト』が開催されました。『ユーコン・クエスト』といえば2月に行われる犬ぞりレースですが、こちら『ユーコン・リバー・クエスト』はその名の通り川下りのレースです。ここホワイトホースからスタートし、715km下流のドーソン・シティまでを競います。平日でしたが正午スタートということもあり、スタート地点には多くの人が集まっていました。

Foxfireブログ
ユーコン・リバー・クエスト スタート地点

前日に出場者リストを確認すると知っている人の名前もチラホラ。小さな町ですから。。。

Foxfireブログ
知人が参加していたので撮ってあげました。

そしてリストの中に『SUNSHINE』という日本から参加のチームを発見。

Foxfireブログ
チームSUNSHINE

なんだかこの艇見覚えが…。前回のレポートでわれわれ家族が参加したホワイトホース市主催のイベントで使われていた艇です。今度はこちらへ貸し出されたようです。

Foxfireブログ
700km先のゴールを目指して

川旅であれば2週間近くかけてのんびり下る距離ですが、このレースではみなさん漕ぎまくるようで丸2日ほどで下りきってしまいます。今年の優勝は、男性タンデム・カヤック・カテゴリーにてイギリスから参加のチームで、45時間30分32秒でした。私の知人のチームは全体の3位、大型艇のカテゴリー優勝。日本人チームSUNSHINEも全体24位、57時間6分6秒というタイムで完走されたようです。みなさまおつかれさまでした!

Foxfireフィールドスタッフ/花谷 タケシ

赤城山トレッキング(群馬県)

2014.08.08 Update

赤城山は佐野から車で下道約2時間。
上毛三山(赤城・榛名・妙義)の一つで、標高1,828mの黒檜山を主峰にその他の外輪山にかこまれた火口原に大沼、小沼があり、四季を通して楽しめるお奨めの場所。 ここは10通りほどのトレッキングコースがあり、初心者から上級者までレベルに応じて楽しめるのがうれしいですね。

今回は中、上級向けの「駒ケ岳、黒檜山縦走コース」 と、 初心者向けの「湿原(覚満淵)と小沼の周回コース」に分かれてトレッキング。 どちらのグループも大沼南側のあかぎ公園駐車場から出発!
今回は初心者コースを案内します。

初心者コースはまず覚満淵にむけてテクテクと15分くらいで到着。 木道を歩くのでなんだかプチ尾瀬気分。カメラスポットも沢山。 高低差もそれほどなく、おしゃべりしながらのんびり歩けます。


覚満淵を過ぎると森の中へ。次は小地蔵山(1573m) 、 そのまま南に向かい長七郎山(1579m)
高低差もあまりなく初心者にはもってこい。

一気に二つの山も制覇!
そして時々見えていた小沼の水門。 大沼と違い人工物がほとんどないため、奥深い森の中を歩いている気分。 景色が美しい沼沿いを歩く為、また違う気分でトレッキングを楽しめる。


ここらでランチにしましょう。ということで沼沿いに座って景色を見ながら。 おなかも満たされ、のんびり下って帰りましょう。 駐車場には3:00頃到着。健脚組みと同じくらいの時間に下山できた。

ちなみに健脚コースの黒檜山登山隊は無事登頂! 頂上から見える大沼もきれいですよ。


そして、大沼にある赤城神社へお参り。無事下山できた報告とこれからも楽しいトレッキングが出来るようお願いしました。




Foxfire FACTORY OUTLET 佐野

夏を感じに・・・。

2014.08.06 Update

みなさんこんにちは。ゲリラ豪雨に酷暑と非常に辛い夏が続いていますね。
それでも夏は楽しいことがたくさん!海に山に花火に釣り!アウトドア好きには待ちに待った季節です。
今回は7月末に開催された葛飾納涼花火大会の写真を載せさせていただこうと思います。
少しでも気分が涼しくなればと思います・・・。
いかんせん、初めての花火撮影なので優しい目で見て下さい。

Foxfireブログ
点線に写っているのはピカピカと点滅しながら動いているからです。

Foxfireブログ
非常に大きく、きれいな緑色の花火です。

Foxfireブログ
煙と明かりで白くなってしまっています。次回は風向きも考えようと感じた1枚です。

Foxfireブログ
ひとつの花火からいくつもの色が出ています。非常に可愛い花火。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

画角や風向きなど、何も考えずに初挑戦した花火撮影。いつかは人物や他の建物と一緒に撮影できるようになりたいと思います。これからもっと勉強に励んでいきます。

ちなみに・・・。
登山や釣りに比べ、撮影はじっとしている時間が非常に長いと思います。とくに今の季節は蚊が非常に多いので、撮影に集中できなくなります。そんな時にはスコーロンシリーズがおすすめです。長時間の撮影にも心強い味方となるでしょう。

次回は7月28日、29日に尾瀬に行きますので、その模様を報告しようと思います。
それではまた!

Foxfire 日本橋髙島屋生意気小僧

【熊魂(ユーコン)通信】Vol.16

2014.07.30 Update

早いもので気が付けば今年も半年が過ぎました。緯度の高いこちらでは春と秋は非常に短く、感覚的には四季というより冬と夏の二季の間に繋ぎとして数週間ずつ春と秋があるといった感じでしょうか。そして冬の長い北の地に住んでいると、春がとても待ち遠しくなります。雪が解け始め、日照時間が日に日にぐんぐん伸び始めると、空と大地に『春のサイン』を探すのが日課になります。

Foxfireブログ
春になるとやってくる白鳥

空のサインは白鳥。ここホワイトホースは白鳥の渡りの通り道で、毎年4月になると1,000羽を超える白鳥が飛来します。

そして大地のサインはこの花。

Foxfireブログ
春を告げる花、ワイルドクロッカス

紫色のワイルドクロッカス。 空に白鳥、大地にクロッカスを見るようになると、「ようやくユーコンにも春が来た。」と実感します。そして多分これは私だけではなく、ここに住む人の多くが同じように感じているようです。

ここから一気に雪は解けてなくなり、日の長い夏が始まります。 冬眠から目覚めた動物たちだけでなく、人間もまた陽の光を謳歌すべく、夏の間に遊べるだけ遊ぼうと活動的になります。

ユーコンはカヌーでの川下りが有名ですが、夏になるとカヌーやカヤックを屋根に積んだ車が当たり前のように走り回っています。そしてそんな土地ならではのイベントに参加してみました。ホワイトホース市主催の『ファミリー・カヌー半日体験』です。街中のユーコン川沿いのカヌー・カヤック専門店から12人乗りの大型カヌーを二艇借り出し、20kmほど川下まで漕ぐ半日ツアーです。小さな子供連れの家族を対象にしたプログラムなので5歳の娘を連れて家族3人で参加してみました。

Foxfireブログ
ファミリー・カヌー

大人が真面目に漕げばあっという間の距離ですが、そこは小さな子連れの家族向けということで、ゴールまでに白頭鷲を何羽見つけられるかみんなで数えたり、歌を歌ったり、途中で一ヶ所上陸してチョコレートフォンデュが振舞われたりとのんびり数時間かけて下りました。こうしたファミリー向けアウトドア・プログラムが民間企業ではなく市の企画として行われているあたりさすがユーコンだなあと思いました。ちなみに今回二艇に二人ずつで計4人のインストラクターが一緒に行ってくれたのですが、全員女性で、しかも4人ともがユーコンで毎夏行われるユーコン・リバー・クエストという715kmに及ぶ長距離レースに4回以上出場したことがあるというつわもの揃いでした。リーダーは出発前の装備品の説明の際、最後にトイレットペーパーを取り出すとこう言いました。「トイレに行けるのは途中で上陸する一ヶ所のみで、もちろんトイレはありませんから草むらでお願いします。そのためにトイレットペパーを皆さんのために持っていきます。私たちは必要ありません。苔で拭きますから。」ユーコンの女性は逞しいのです。休憩のときに彼女が用を足しに行く時、本当にトイレットペーパーを持たずに茂みに消えていきました。。。

Foxfireブログ
カメラパック

さて今回、カメラパックというフォトギアを初めてカヌー時に使ってみました。水辺の撮影向けに作られた製品で、防水のアウターケースとクッション性のインナーケースという2ピース構成です。アウターケースには首からぶら下げるストラップと胸周りで固定するストラップが付いており、ライフジャケットの上からでも十分な長さがあるためきっちりと胸の前で固定できました。速写性を考えると胸の前はベストな位置ですが、ぶらぶらしてしまっては漕ぐのに支障をきたします。おそらくは水辺での撮影で前傾や前屈をした際に誤って水に浸けてしまうのを防ぐために付けられたストラップだと思われますが、『漕ぐ人』にもかなりお勧めです。また、アウターケースがインナーケースに対して結構大きめに作られているので隙間に他のものを入れられる余裕があります。今回は寒すぎた時のためにエアロポーラスフェザーライトジャケットを底に入れてみましたが無理なく収まりました。今後も水辺での撮影で活躍してくれそうです。

さて、うかうかしていると極北の短い夏はあっという間に過ぎ去ってしまいます。私も時間を無駄にしないようにしっかりと遊びたいと思います。

Foxfireフィールドスタッフ/花谷 タケシ

「大山・阿弥陀川を辿って」

2014.07.28 Update

暑い夏が今年もやって来ました!
フィールドスタッフ「もーりー」こと、森脇です。
暑い夏、皆さまはどのように過ごされますか?
海?山?プール?クーラーの効いた図書館?
色々な避暑地があるとは思いますが、僕のお勧めはなんと言っても沢登り!
暑い夏を前に、下見を兼ねて鳥取県の大山にある、阿弥陀川を遡行してみました。
今回の装備は・・・
minimalistジャケット
minimalist WD ショーツ
minimalist WD シューズ
のairistaシリーズに身を包み、いざ出発!
阿弥陀川は、安山岩に苔や藻が付着した非常に滑りやすいゴロ岩帯が多いので、積極的に川の中を歩いたり、シャワークライミングを楽しみたいときには、ウェディングシューズは必須。

Foxfireブログ

※写真は旧モデル品です。
minimalist WD シューズは滑りやすい岩の上でも、しっかりフリクションが効くので安心です。
初夏といえども、谷にはまだ残雪が多く残る大山。暑い中で出会える残雪はまさに天然のクーラー!火照った体にはうれしいです!

Foxfireブログ

ただ休憩中、体が冷えすぎるとポテンシャルも下がるので、そんな時はminimalistジャケットが役立ちます。かさ張らないので急な雨に備えてのお守りとして持っていくのにも適しています。立体裁断が成されているので、クライミングの際にも突っ張る感じが無く、ストレスは感じさせません。

Foxfireブログ

同じくminimalist WD ショーツもストレッチ製に優れるのと同時に、通気性が考慮されているので暑がりの自分には最適です。沢以外にも登山とマウンテンバイクの際にも活用させてもらってます。

Foxfireブログ

小さな滝をいくつも越えて1時間程進むと、本日の目的地「阿弥陀滝」が出てきました。
水量の少ない滝なので迫力には欠けますが、すぐ下まで行って水しぶきを浴びると気持ちの良いのなんのって!
この水量なら滝の上部から懸垂下降しても気持ちよさそうだな…

Foxfireブログ

今回は沢歩きでしたが、装備品に軽量化を求められる沢登りでは活躍間違いなしの、airistaシリーズ
次回も遡行の際に、お供として連れて行きたいと思います。
その際はまたBLOGにアップしますので、お楽しみに~♪

Foxfireフィールドスタッフ 森脇荘平

hike & snap!!下見にいったよ!【西日本】

2014.07.03 Update

先日、阪急うめだ店のFちゃんと京都店のTちゃんとで7/26に開催予定のhike & snap!!の下見に行ってまいりました。
梅雨時期ながら暑いくらいの晴れ空。

バスに乗って、ロープウェイに乗ってたどり着いた先は地上から1100メーター上の草原です。
山から吹く風がひんやり冷たいです。

琵琶湖を臨むようにリフトの下に百合のじゅうたんが広がります。
しかし、まだ全然咲いていません(><)

Foxfireブログ
リフトしたの百合畑

蓬莱山の山頂では、鐘があるので記念写真もおススメです。

なのでそこは臨機応変に子女郎ヶ池に行く事にしました。
スキー場を上って、蓬莱山山頂へ、そして山道を下って歩く事1時間ちょいで到着です。

Foxfireブログ
ゲレンデのぼる

とんびが間近にいました!
おやつを隠しましょう!ご飯中もぐるぐると上を行ったり来たりしていました。
皆さん気をつけてくださいね。

Foxfireブログ
とんび

子女郎ヶ池にはイモリが住んでいます。
いつものんびり浮いています。

Foxfireブログ
アカハライモリ

鹿のつのが落ちてました。

Foxfireブログ
つの

このあたりの木陰でご飯を食べ、時折とんびにご飯を狙われるので急いで食べました(汗)

Foxfireブログ
尾根の小さい木

Foxfireブログ
琵琶湖

そしてそのお知らせです。
【ハイク&スナップ】 ユリの名所「蓬莱山」フォトハイク
写真家の斎藤裕史さんとさわやかな風が吹く高原で百合の花を撮りながらハイキングしちゃいましょう!というイベントは
7/26(土曜日)開催です~!体力がなくても大丈夫☆蓬莱山にはロープウェイとリフトとありますよ♪
もうすぐ締めきりです!
いままでちょっと写真は敷居が高いなあと思っていた方もお気軽に参加ください☆
志賀駅前に可愛くておいしいパン屋さんが出来ていましたよ!
皆様の参加お待ちしています!

また秋には、愛知県へ!
【ハイク&スナップ】 現代アートの島「佐久島」をめぐる
アートの島佐久島をめぐります。
ウナギで有名な西尾の近く!遠方からも御参加お待ちしております!
関西からは前のりでグルメを堪能というのもいいですね!
10月11日(土)佐久島(愛知)!

最近注目されているフライフィッシング☆芥川(大阪)
【フライフィッシング】 初めてのフライフィッシング(フライ作り教室付き)
毛ばりを巻いたり、キャスティングをしたり、色々な要素で楽しめるアウトドアスポーツです。
11月9日(日)にも開催予定です。

問い合わせは、Foxfire ALBi大阪またはお近くのFoxfireの店舗スタッフまでどうぞ!

Foxfire ALBi大阪うめおにぎり

FM yokohamaザバーン登山部金峰山合宿 Part2

2014.06.27 Update

FM yokohamaザバーン登山部金峰山合宿 Part1

○Fm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドア番組「The Burn(ザバーン)」

金峰山頂に到着!! やや雲があるものの山頂からの景色は最高。瑞牆山も見えました。(右端)

Foxfireブログ

そして、山頂付近にある五畳岩は、荘厳な雰囲気を醸し出していました。

Foxfireブログ

さてさて!!これから山頂で開催される大イベント!!
僕が楽しみで楽しみでしかたなかったアレのスタート!

そうです!!山頂ライブ!!
山を愛してやまない2人のミュージシャンが、ザバーン登山部のためだけに歌ってくれるなんとも贅沢なライブなのです!!まずはご覧ください。

DAYS(加賀谷はつみ)

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

前人未到(OJI)

Foxfireブログ

Foxfireブログ

Foxfireブログ

テンションMAX!!
あーなんて僕はこんな幸せな時間を過ごしてるのだろう…
山頂では、女性2人のパーティとも出会いました。そしてライブに急遽参戦!みんなで盛り上がり大騒ぎしました。

最後に山頂ライブの観客たちをパチリ!
ばらばらな感じが何ともいえませんが(笑)、楽しい時間を共に過ごせてよかったです。

Foxfireブログ

ライブが終わり下山を開始。食事を取っていなかった僕たちは、少し下の金峰山荘前のテラスで食事をすることにしました。

ところが何やら怪しい雰囲気・・・
あっという間に空が暗くなり、大粒の雨が降りだしました。
そして、その雨はやがて雹に…

Foxfireブログ

1cm近い雹がカツカツ身体に当たります。僕の食べていたおにぎりにも雹があたり、お米が飛び散り、具が無くなってしまったのは言うまでもありません。

動画もあります。
https://www.youtube.com/watch?v=RuQmrWrWCuk

この後、雷雨・雷雹が激しくなり、山荘に逃げ込み雨宿り。こういうときはビバークが原則。雷が止むのを待って下山しました。

いいことがありすぎて「祟り」があったのかな??

いろんなことがあったザバーン登山部合宿でしたが、仲間とともに過ごせた時間はとてもいい思い出となりました。

よっしゃ!今度はどこ行くぞや。ザバーン登山部!また報告します。

FoxfirePR斉藤

FM yokohamaザバーン登山部金峰山合宿 Part1

2014.06.25 Update

FoxfirePRの斉藤です。
突然ですがFm yokohama(84.7)土曜朝5時~8時のアウトドア番組「The Burn(ザバーン)」聴いていますか?

土曜早起きして、山や川や海に出掛ける人は必ず聞くという(?)ラジオ番組なんですが、今年1月なんと「ザバーン登山部」を結成しました。 中心メンバーはDJの井手大介さん、部長で山岳系ミュージシャンのOJI、広報担当のシンガーソングハイカーの加賀谷はつみさん、デレクターの辰巳さんなどなど・・・。結成前、八ヶ岳に一緒に登ったことがあり、山好きな僕も入部することは言うまでもなく2月より一緒に活動を始めました。

今回、目指す山は、金峰山(長野県)。
2月の雪の雲取山は、山梨を襲った大雪の影響でしこたま雪が残っており、数日前までバスも動いていない状況。泊った山小屋に暖房がなかったりとハプニングありのなかなかハードな登山となりましたが…今回は7時間ほどの行程でのんびり登山です。

雲取山の時のブログ

今回は、元デレクターの赤ワインさん、モンベルの設楽さん、鈴木さん、CASIOプロトレック開発者の牛山さんも加わり総勢9名の大所帯!前日入りのキャンプサイトでは、OJIと加賀谷はつみさんのコラボライブ付き。大盛り上がりの夜となったのは言うまでもありません。

ライブの様子
TAKIBI Lover by OJI with Hatsumi Kagaya at Ogawayama

翌日早朝、廻り目平キャンプ場をスタート!

Foxfireブログ

金峰山頂へは4時間ほどの道のり。最初はなだらかな林道歩きが1時間ほど続きます。

Foxfireブログ

最近、釣りにはまっているOJIは川を目の前にFoxfireの帽子とパンツで満面の笑みです。
僕と一緒にイワナを探しながら歩いたのは言うまでもありません。

Foxfireブログ

ゼブロイドトレックパンツ
サイケデリックロゴキャップ

いよいよ本格的な登山道に入っていきますが、そこになぜかボロボロの車が・・・
そこで小休止。記念撮影を撮りました。もちろん井手さんと加賀谷はつみちゃんもFoxfireの愛用者の一人です。

Foxfireブログ

井手大介さん
トランスウェットワッフルポロ
Foxfireのパンツ

加賀谷はつみさん
ピースキャップ
ネイチャーリーフショーツ

しばらく登山道を上がってゆくとだんだん雪が出没してきました。北側斜面を登るせいですね。この時期の残雪は腐れ雪で、膝まで埋まってしまうこともあるので要注意です。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

山頂まであとわずかの金峰山小屋フリースペースで小休止。愛用のCASIOのプロトレックを見て高度が800~900m上がったのを確認。意外と疲れもなくみんな元気でした。このまま一気に山頂を目指す。
その前に写真撮影。後ろで万歳をしていますが「塔ノ岳のボッカチャンピオン」をイメージしてみました。わかる人はわかる・・・ひそかな有名人(笑)。

Foxfireブログ

山頂まであと少し。森林限界を超え見晴らしのいい景色が広がっていて、テンションも上がります。写真に写っている、OJIと加賀谷はつみさんの背中にはギターが背負われています。ここまでよく頑張りました。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

金峰山頂に到着!!みんなで記念撮影を撮りました。

Foxfireブログ

さて!!これから山頂で開催される大イベント!!
僕が楽しみで楽しみでしかたなかったアレのスタートです!

それは・・・Part2のお楽しみ!
つづく・・・

FoxfirePR斉藤

続・ミヤマキリシマのお花畑へ 大分県 三俣山&一目山

2014.06.17 Update

皆さま、こんにちは。

今回も先週に引き続き、今が見頃「ミヤマキリシマ」を今年お初のチームTメンバーで、
大分県は「三俣山」にアタックしてきました!

Foxfireブログ

天気予報は3日前から雨…前日も雨の予報でしたが、とりあえず行ってみましょうか!ということで決行!
当日の朝の天気はなんと!晴れ!!…チームTのてるてる坊主さまのおかげです。笑

九重のミヤマキリシマと言えば、平治岳という方が多いです。
がしかし、今回はあえて三俣山へアタック!!
大曲から入山し、すがもり越からの目指せ!三俣全峰踏破!

Foxfireブログ

道中、思っていたよりも多くのミヤマキリシマに「おぉ~ここは意外と穴場かもね~」と心躍る一同。

Foxfireブログ

少し曇り空だが、長者原方面を見下ろせば明るく晴れている様子。

Foxfireブログ

振り返るとミヤマキリシマのピンクが!!眼下に広がる三俣の雄大なその姿にしばしうっとり…
硫黄山のガスが横にすーっと流れてる…風が強いのかな?と思いつつ、すがもり越えへの岩場を進みます。

Foxfireブログ

…もや~…もやや~ ガスが一気に周囲に立ちこめてきました。さっきまでの視界が嘘のよう…
2メートル先も見えないくらいのガス…それでもミヤマキリシマの花たちが元気を与えてくれます。

Foxfireブログ

ガスの中のミヤマキリシマのも美しい…ピンクの色が優しく見えます。

ガスがひどいので、ゆっくりと登っていきます。
さて、ここでチームTのPさんのすがもり越えルートの楽しみ?のとりちゃん?(鳥の姿に似た石)がいなくなった!とのことだったので、みんなでとりちゃん制作!!

Foxfireブログ

制作者Kさんの笑顔がすてき!
岩を探してきてはとりに見えるように積み上げる…どんどん出来上がっていきます。
…チームTメンバー分作成しました。笑

しばらく経ってもガスはひどくなる一方…とりあえず避難小屋まで登ってみることに。

ぶおおおおおおおおおお。
…そこは嵐でした。台風のような強風。(写真ではその様子が伝わらないため、割愛させて頂きます!)
しばらく待機しましたが、雨風が強くなってきたので今回のアタックは中止に。
またの機会にアタックしようと強く決意しました。とりあえず、一歩だけ踏み込んどきました。笑

Foxfireブログ

下山してくると別世界…笑 「あれ?晴れてる~!」
Kさんと下山完了~のポーズ!笑
と、ここで今日のとりのおすすめアイテムは「APレインハット」です。(ブルー着用)
レインジャケットのフードとセットでも使えます。私は小雨のときはハットだけで使いました。
雨の季節にひとつ持っておきたいアイテムのひとつです。

さて、下山しても時間はまだ午前11時前…ここはさくっと登れる「一目山」へ!
展望も良く、登山口から30分程度で登れるのでピクニック登山や家族連れにはおすすめです。

登り始めて5分…ぶおおおおおおおおおおおおおお。
快晴なのに、まさかの強風。もはや、暴風。

Foxfireブログ

写真からはこの強風が伝わらないので「あら、きれいな景色ねぇ~」と思われそうですが、
山頂では目も開けていられないくらいの砂嵐…。ナイスビューなのに見れない…。
ランチはここでは作れそうにないので、下山。

ぐーぐー空腹なお腹…やっとお楽しみのランチ!!本日のメニューはスパイシーカレー!

Foxfireブログ

ここでも強風と闘いながらも無事に完成!う~ん、美味しい!!
飯炊き名人PさんとシェフKさんの合作!…私は準備と眺める担当。笑

三俣山でのミヤマキリシマは楽しめなかったものの、道中で見かけたそれはとても見事でした。
今年は一面ピンクに染まったミヤマキリシマも、ガスの幽遠なミヤマキリシマも楽しめたので大満足です!

早いもので、もう6月も半ば。
九州は梅雨入りし、雨のシーズン到来です。
お店にはレインジャケットなど、雨の日も快適に過ごせるアイテムを多数取り揃えております。
ぜひ、雨のフィールドへ出かける前にお店にも足を運んでください。

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

「ミヤマキリシマのお花畑へ 大分県 万年山」

2014.06.12 Update

皆さま、こんにちは。

暑い!…暑い!!とにかく暑い!(笑) 日中は30度を超える日もあり、気がつけば真夏のような気候ですね。

さて、5月後半になりますとお山はあの花たちが主役の季節!!
そう「ミヤマキリシマ」です!♪

Foxfireブログ

今年の開花は例年並みのようで、今回は大分県の玖珠町にあります「万年山(はねやま)」へ
笑いの絶えないMさん&スタッフとりコンビでいってきました!

Foxfireブログ

万年山は九州百名山にも数えられ、全国的にも珍しい上下二段の卓上台地をもつメサ地形。
独特の岩肌は不思議なパワーを感じます。

八合目まで車で行ける登山口には、すでにたくさんの車が駐車しており、登山客のにぎやかな声も聞こえてきました。
すれ違う方から「今年のミヤマキリシマの群生地は見事やったよ!」との情報♪
期待が膨らみます!
一路、万年山山頂を目指し昼食後にミヤマキリシマの群生地へ行くことに!

Foxfireブログ

空につづくような道!雄大な景色にさらに期待がむくむくと膨らみます!

Foxfireブログ

山頂までは1時間15分ほどで到着。
山頂からは九重連山や由布岳、遠く阿蘇の山々まで見渡せます。ナイスビューです。

ぐるっと周遊もできるのですが、周遊コースの後半がきついとの情報を山頂で入手したので
いったん分岐まで下り、そこから群生地を目指すことに!(…きついのはね、ちょっとね、避けたいですもんね。)

「ジェットコースターのような道で行きは2回休憩、帰りは20回休憩せんばいかんよ~」
との助言にちょっと弱腰になりつつも…
「いや!ここまで来たならミヤマキリシマのお花畑見らんば!」
とのMさんからの活に気合いを入れなおし、ジェットコースターロードを歩くこと50分弱…。
そこは見たこともない数のミヤマキリシマの鮮やかなピンクが私たちを迎えてくれました。

Foxfireブログ

どこを見ても色鮮やかなミヤマキリシマ…

Foxfireブログ

ジェットコースターロードの先にこんな場所があるなんて…Mさん、活を入れてくれてありがとう。笑

Foxfireブログ

森の中に突然現れたその場所はまさに秘境のよう…しばし時を忘れて贅沢な景色を楽しみました。

Foxfireブログ

ピンクの色も微妙に異なり、どの株も美しい花をつけていました。

Foxfireブログ

では、最後に今日のポイント!
吸汗速乾に優れるTSウールメッシュのカットソー!(スタッフとりはイエローを着用)
汗をかくこれからの季節にピッタリで、肌面はべたつかず、かつウールの抗菌消臭効果あり!
アンダーウェアとしても人気のカットソーです!

さて、帰りは来た道(ジェットコースターロードの登り…)を戻り、無事に登山口へ。
帰りに筑後川沿いで万年山の全景を眺め、改めて大きい山だなぁと実感しました。

Foxfireブログ

来週は九重連山がミヤマキリシマの見ごろを迎えるとのことなので、来週は九重のミヤマキリシマを見に行きたいと思います。

ピンクに染まった山肌を見れば、山がおりなす季節の美しさに心がほっとするはずです。
年に一度のこの景色をぜひ、ご自身の心と体で体感してみてはいかがでしょうか?

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡とりちゃん

関西春の花めぐり。(そのに)

2014.05.28 Update

関西お花見めぐり・その2です。

奈良県宇陀市にある又兵衛桜です。のどかに広がる田舎道をいくと突如現れる巨大駐車場。
「葵・徳川三代」のオープニングで使われた有名な桜・又兵衛桜です。
下の駐車場から歩いていくと、北向き地蔵の桜の木が出迎えます。

Foxfireブログ
北向き地蔵ト

日本人の桜信仰はすごいです。平日なのに人だらけ。

Foxfireブログ
人がぞくぞく出てきます。

ハイカーさんは田んぼにシートをひいてのんびり休憩。年配の男性はスケッチに勤しみ、若い女性も一眼レフ片手に撮影していました。

Foxfireブログ
桃と又兵衛桜の共演

Foxfireブログ
又兵衛桜

近くに来たので、森野旧薬院さんへも足をのばしました。吉野葛の老舗が持つ薬草園です。
カタクリの群生で有名なのですが、この時期はイカリソウやアミガサユリも咲いていました。入館してすぐにあるU字型のプールと茶室の組み合わせが現代アートみたいで面白いです。

Foxfireブログ
葛を製造するプール

茶室を通り薬草園の裏山へいくとカタクリの群生が見事でした。

Foxfireブログ
カタクリ

家屋の配置と瓦が美しいです。

Foxfireブログ
高台からみた森野家

お昼ごはんは、大和牛の牛丼!お肉が溶けていてハッシュドビーフみたいで美味しかったです。

Foxfireブログ
大和牛丼定食

この周辺は旧道で町屋も楽しめますよ。

撮影時期におススメアイテム
ピズリーストレッチパンツ(8214494)
普段にも履けるストレッチパンツです。カラフルなので春から初夏にかけて汗も素早く乾き使いやすいボトムスです。

さてFoxfireの関西スタッフからお知らせです。
斎藤裕史さんと行くhike & snap!!
夏のあつーい季節に涼しい高原に咲く百合畑でハイクしながらカメラも楽しみましょう!
7月26日(土)蓬莱山(滋賀)今年のに夏に開催です!
【ハイク&スナップ】 ユリの名所「蓬莱山」フォトハイク

また秋には、愛知県へ!
アートの島佐久島をめぐります。
三河湾の新鮮な魚介類も有名な場所です。遠方からも御参加お待ちしております!
関西からは前のりでグルメを堪能というのもいいですね!
10月11日(土)佐久島(愛知)!
【ハイク&スナップ】 現代アートの島「佐久島」をめぐる

最近注目されているフライフィッシング☆芥川(大阪)
毛ばりを巻いたり、キャスティングをしたり、色々な要素で楽しめるアウトドアスポーツです。
11月9日(日)に開催予定です!
【フライフィッシング】 初めてのフライフィッシング(フライ作り教室付き)

問い合わせは、アルビまたはお近くのお店のスタッフまでどうぞ!

Foxfire ALBi大阪うめおにぎり

山泊でご来光を拝む 大分県 大船山

2014.05.14 Update

皆さま、こんにちは。

気持ちのいい陽気が続いていますね!皆さまいかがお過ごしですか?
新緑の森も薄い黄緑色から、濃い緑色へ変化していますね。
山がにぎやかな季節がやってきました!

Foxfireブログ

さて、今回はご来光が見たい!ということで大分県の大船山へいってきました。
大船山は昨年の夏以来!今回も坊ヶツルに一泊のプランで出発です!

登山口は吉部登山口。登山届を提出して出発です!
私は坊ヶツルにアプローチするルートではこの吉部からのコースが一番好きです。
雨ヶ池コースの花々も素敵ですが、森の中をぐんぐん進んで行く感じが気持ちいい。
途中には暮雨の滝もあり、ハイキングで坊ヶツルまで歩くのも楽しいと思います。

Foxfireブログ

しかし、コースには難所が!!それは木の根がにょきにょきの急登!!
ここを超えればあまり高低差がないので、ここを踏ん張りどころ!と思いながら登っていきます。

Foxfireブログ

坊ヶツルに着いて、まずテントを張り今日のお宿を作ります。
夜ごはんはお野菜たっぷりちゃんこ鍋を食べて、明日に備えて早めの就寝…。

翌朝、起きてテントから出るとそこには満天の星空が…!!
赤く輝くアンタレスのさそり座の姿や、春の麦星おとめ座の姿が街で見るよりも鮮明に輝いていました。
星の数が多すぎて、あれ?あの星座はなんだろう?となることも。笑

朝食をぱぱっと済ませて、大船山にいざアタック!!
ヘッドライトをつけて暗い山道を歩いていきます…。
(ここから山頂まで写真がないのは、余裕がなかったからです。笑)
段原に着くと、遠くの空が少しずつ明るくなってきました。
…むむ、ちょっとダッシュです。

Foxfireブログ

山頂到着5時50分!!なんとか日の出の時間には間に合いました!!

Foxfireブログ

ここからの眺めは絶景です~!
360度どこを見ても絶景!!

Foxfireブログ

しばし、ご来光写真をお楽しみください。

Foxfireブログ

雲海がもくもくと揺れ動く中から、とてもきれいなご来光を拝むことができました!

Foxfireブログ

その後、すぐに天候は下り坂に…レインを着て、坊ヶツルまで一気に下山。

Foxfireブログ

下山した時には大船山は雲の中…大船の「大」のポーズ!!
この日も前回に引き続き、APフェザーライトジャケットが大活躍でした!
その後はお昼寝。ゆったり昼食を取って、テントを撤収して吉部へ下山。

Foxfireブログ

途中、暮雨の滝に寄って滝を楽しみ無事に登山口へ。
帰りは温泉に入り、のんびりして帰路に着きました。
まだ少し肌寒い山行でしたが、星もご来光も見ることができ最高の2日間となりました!

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

6月15日 高幡不動フォトハイクへ行きませんか?

2014.05.09 Update

みなさまこんにちは!!

今年もやります!大好評のFoxfireツアー!年間スケジュールやお申込み方法などはホームページに。ドシドシご応募ください!! トレッキングはもちろん、カメラを学ぶ機会もあるのがFoxfireツアーの特徴です。

昨年はボク自身、春の鎌倉アジサイフォトハイク(長谷寺)に同行いたしました。そして今年は6月15日(日曜日)、東京都日野市にある「高幡不動」でのアジサイフォトハイクへと同行予定です!!ちなみにトレッキングは6月末の雲取山に同行予定です。

講師はFoxfireツアーでお馴染みの杉本恭子先生。優しく的確なアドバイスをくれる、笑顔のとっても素敵な先生です。昨年の長谷寺でも一緒にやらせていただきました。

Foxfireブログ
杉本先生の作品を参考に沢山撮って行きます

Foxfireブログ
難しいですが、沢山撮れば良い写真に巡り合える?!

Foxfireブログ
講義の時間は楽しくあっという間に過ぎて行きます。

Foxfireブログ
初心者大歓迎!!

カメラを買ったばかり!これからやってみようかな?何をどう設定すれば良いのか分からない。そんな悩みを少しでも解決する近道にきっとなると思います。皆様のご参加を心よりお待ちしております!!!

Foxfire 日本橋髙島屋山岸

関西春の花めぐり。(そのいち)

2014.05.01 Update

2月の終わりに和歌山南部の梅林にお花見に行こうと思っていたら大寒波がやってきて、雪がふったりと行くタイミングをはかっていたらあっという間に春蘭満♪和歌山の梅は終わっていたので奈良の梅林へおでかけしてきました。

奈良県五条市にある賀名生(あのう)梅林です。
山一面に広がる梅畑。上まで上がると淡い紅色の花が雲海のように広がります。
山の上に農家さんが住んでいるので車で上がれますが、道が細く観光客でごった返しているので近くにある臨時指定の駐車場で止められた方が安全です。

国道から少し入ると広がるうすピンクの木々に圧倒されます。

Foxfireブログ
上まで続く梅林

Foxfireブログ
賀名生梅林

わき道を入って行きますと三脚にカメラを抱えたカメラマンやハイキングを楽しむご夫婦達でゆったりとした時間が流れていました。

Foxfireブログ
なかよく散歩

撮影時期におススメアイテム
プロテクションマスク
ちょっといかついですが、マスクの上にフィットするように作られていますので、鼻のどへの花粉の侵入が防げます!夜間や早朝の防寒対策にもおすすめめです。

さてFoxfireの関西スタッフからお知らせです。
斎藤裕史さんと行く
【ハイク&スナップ】ユリの名所「蓬莱山」フォトハイク
7月26日(土)蓬莱山(滋賀)今年のに夏に開催です!
夏のあつーい季節に涼しい高原に咲く百合畑でハイクしながらカメラも楽しみましょう!

また秋には、愛知県へ!
【ハイク&スナップ】現代アートの島「佐久島」をめぐる アートの島佐久島をめぐります。
三河湾の新鮮な魚介類も有名な場所です。遠方からも御参加お待ちしております!
10月11日(土)佐久島(愛知)!

フライフィッシングもあります!
春の開催は「4月27日(日)初めてのフライフィッシング☆芥川(大阪)」
満員御礼☆ありがとうございました!
11月9日(日)にも開催予定です。
【フライフィッシング】 初めてのフライフィッシング(フライ作り教室付き)
毛ばりを巻いたり、キャスティングをしたり、色々な要素で楽しめるアウトドアスポーツです。

問い合わせは、アルビまたはお近くのお店のスタッフまでどうぞ!

Foxfire ALBi大阪うめおにぎり

ぽかぽか陽気を楽しむ山へ 天山 佐賀

2014.04.25 Update

皆さま、こんにちは。

もう気がつけば4月も後半!
GWも目前ですね。お休みの計画を話すだけで、うきうきわくわくです。

Foxfireブログ

さて、今回は「春」ということで山頂のんびり日向ぼっこを楽しむ登山!
…と、言えば「天山」でしょ~。←私の中での定番になってきております。
海も山もだいすきなMさんと、ガールズ登山をわいわい♪きゃっきゃっで楽しんできました。

Foxfireブログ
スタート直後からテンション高めなMさん。笑

集合は10時。ガールズ登山の醍醐味?!道の駅に立ち寄り、登山口出発は11時半!!
(ぽかぽか陽気を楽しむのが目的ですから~!!)

いつもの天山側の駐車場からスタートです。

Foxfireブログ

青空のもと、うきうき気分で登っていきます。
「わー、すごーい」「ねー、みてみてー!」と騒がしいふたり。笑

Foxfireブログ

なんとこの日は少し雪が残っていたので、プチ雪だるまを作って遊びました。
(遊びすぎて全然っ!進まない!山頂に着かない!!笑)

あーだーこーだ騒がしくやっていると、もう山頂!
「えっ!もう着いちゃうのー」とMさん。
「大丈夫ですよ、尾根歩きをしますから~天山山頂付近は広いですよ~」と私。

Foxfireブログ
着いたらとりあえず、寝ころんでみましょう。

その前に、ごはんタイム!道の駅で買ってきたお弁当にお湯を沸かしてお味噌汁と食す。
う~ん、贅沢ですね。
デザートはパール柑…この日のMVPはパール柑ってくらい美味しく、大活躍でした。

Foxfireブログ

大活躍中のパール柑。…Mさん!食べ物で遊んではいけません!!笑

お腹がいっぱいになったところで、尾根を散策。

Foxfireブログ

360度見渡せる山頂からの眺めは最高。
幸せな気持ちでいっぱいになってきます。

Foxfireブログ

さてさて、ここでいつものコーデのポイント!

Foxfireブログ

今回のポイントはAPフェザーライトJK
防水透湿素材エアロポーラスなので雨、風はバッチリ対応。
ストレッチ性もあり動きやすく、なんといっても軽い!
これからの季節、一枚あると大活躍間違いなし!なJKです。店頭では他のカラーも見て頂けますよ。

Foxfireブログ
山のポーズ?で記念に一枚!

帰りは登ってきたルートをそのまま下山。
そのあとは温泉に入って、ごはんを食べて満足&満腹にガールズ登山は無事終了。
珍事件!!も多々あり、いっぱい笑った楽しい山行となりました。

久しぶりの山レポートでしたが、コツコツと少なくとも月一で山登っております!
「あれ?山行ってるの~?」と店頭でお声をかけて頂けるのが嬉しくも心苦しく思っておりました…。
更新もコツコツやっていきますので、またブログに遊びに来てくださいね!

もちろんお店にも遊びに来てください!
イケメン店長の釣果(いつも写真を撮ってきてくれないので私も本当のことは分からない…)、山ガール秋山の奮闘記(山の先輩にビシバシ鍛えられてる様子です…)など楽しい?情報いっぱいでお待ちしております。

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡とりちゃん

栃木・冬のフィールド

2014.02.27 Update

1月中旬、加賀フィッシングエリアにて寒~い中、釣り好き店長釣り大会(?)を行いました。遠くは福岡、大阪から。栃木の釣りガールも一緒に盛り上がりました。

日本で最も長い歴史を持つ管理釣り場として多くのルアー、フライフィッシャーが楽しんでいるこのポンドは豊富な湧き水がトラウトたちの適水温を保ち、シーズンを通してコンスタントな釣果が期待できます。

Foxfireブログ

ルアー、フライポンド3面は総面積25.000平方メートルと広く、いろんな場所で楽しめます。
また、フライ専用のポンドもあり、ロングキャストをされる方やフライでのんびり釣りをしたい方が利用されています。こちらは利用人数の制限があり、少し割高です。
今回はルアー、フライポンドの3面をめいいっぱい楽しみました。

Foxfireブログ

小休憩はニャンコと楽しむのも良し。クラブハウスでくつろぐのも良し。一日いても飽きない管理釣り場です。

Foxfireブログ

この日は1号池で様子をみて、2号池に渡り、3号池でみんなヒットして、最後にまた1号池に戻り、お祭り~夕方から入れ食いでした。

Foxfireブログ

Foxfireブログ

1年に2回の釣り部部活動の昼食は佐野ラーメン、夕食は焼肉、おやつはイモフライと御当地物を釣りで使ったカロリーしっかり補いました。いやオーバーしていたかも・・・(汗)

Foxfireブログ


2月上旬に佐野プレミアムアウトレットから車で約30分ほどの近場、足利6名山の2つを縦走してきました。当日は雨の予報でしたが気温が下がり、登り途中で雪に変わり、低山なのに「雪山」を楽しめました。

初心者が1名いたということもあり、歩きやすく短時間での登山ということで「深高山」506Mと「石尊山」486Mの縦走を楽しんできました。今回は全員が佐野側からだった為、東側の深高山登山口に集合し登りました。

Foxfireブログ

ポツポツと雨が降っていたため、防寒兼ねて上から下までしっかりレインウェアーです。カットーソーはゼロドライウールが大活躍でした。
汗冷えしない素材で快適な登山が楽しめます。寒がり女子はトランスウェットサーマルカットソーで保温し、急激な冷えでも大丈夫。
そして初登山のSさんも無事登頂!やったね!

Foxfireブログ

深高山から石尊山までは約30分高低差があまりないのでとても歩きやすいです。
石尊山で15分ほど休憩し、みんなでおやつを分け合い、おしゃべりが止まらない女子6人でした。
帰りは元来た道を戻ったのですが雪もかなり積もって足元に気をつけながら雪景色を堪能していました。

Foxfireブログ

登っているときは気がつかなかった木のお家?雨が降ったら終わり~みたいな。

Foxfireブログ

後4つの足利名山はいつ行こうかな~

Foxfire FACTORY OUTLET 佐野みんみん

「福岡の冬山と言えば…難所ヶ滝 福岡」 

2014.02.20 Update

皆さま、こんにちは。
冬山シーズン真っただ中!すてきな冬の景色に出会えていますでしょうか?

Foxfireブログ

今回は福岡の冬山の定番スポット「難所ヶ滝」へいってきました!
昨年もレポートしたのですが…→2013年2月13日の記事「難所ヶ滝の山レポート」
タイミングがあえば、美しい氷爆の滝がお目にかかれるのですが…なかなかそのタイミングが難しいのです。
今回はどうだろうなぁと思いながら、前回と同じく昭和の森からスタートです!

気温は低くはないものの、風があり体感気温が一気に下がります。
しかし、歩き出すと体温が上昇!アウターやフリースを脱いでしっかり温度調節!

Foxfireブログ

舗装路から林道を経由して、山道に入っていきます。
しばらく歩くと白い影が…「雪だ!!」一気に辺りの景色が明るくなります。

滝まではおよそ90分の道のり。しかし、急な登り道が続くので時間にゆとりをもって登ることをおすすめします。

いよいよ、滝に到着~…

Foxfireブログ

う~ん。凍っていない。

Foxfireブログ

残念…この日もたくさんの登山客の方が登っていましたが、来てみないとわからないですもんね。
また来年のお楽しみ!ということで、ここでお昼タイム!

Foxfireブログ

今日は博多名物「もつ鍋」 滝を上から眺められるスポットにて頂きました。
ほかほかの鍋は身も心も温まりますね!嬉しい!幸せ!

さてさて、ここでいつものコーデのポイントです!

Foxfireブログ

とりちゃん的!冬山の必須アイテムはトレッキングポールです!
登りはもちろん、下りに大活躍!ポールがあれば身体を三点で支えられるのでバランスが取りやすく、ひざなどの疲労感も軽減します。私は一度使ったら手放せなくなっちゃいました~。

Foxfireブログ

滝の下には落ちた大きな氷が!!…でかっ!!

Foxfireブログ

さぁ、帰りもしばし銀世界を楽しみながら下ってゆきます。
寒いけれど、雪山ならではの明るい真っ白な森を一歩一歩楽しみました。

Foxfireブログ

雪だるまもKさんもユニーク♪笑
今回もすてきな山行となりました!

Foxfireブログ

この調子で2月はあっという間に過ぎ、釣り人の皆さんがわくわく♪解禁の3月がやってきます。
お店にも釣りのお客様が多くご来店頂いています。
皆さんの顔を見ると、解禁の日を楽しみにお待ちなのがわかります!楽しみですね♪

ぜひ、解禁の準備も兼ねてマリノア福岡店に足をお運びください!

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

雨の日は巨石めぐり 佐賀県 巨石パーク

2014.02.06 Update

皆さま、こんにちは。
蝋梅の花の香る季節になりました。まだまだ冬の寒さが身にしみますが、春の足音も聞こえてきています。

さて、今回は佐賀県にあります「巨石パーク」へいってきました!!
長年、気になってはいたものの行ったことがなかった場所で「パーク」というだけに気軽に行けるのかな?と思いきや、HPの写真は山道そのもの!!小雨が降る巨石パークを歩いてきました。

Foxfireブログ

佐賀大和インターから車で5分ほどの場所にある「巨石パーク」
いろんな種類の巨石を巡るコースは階段が整備されていますが、トレッキングブーツで行くのをおすすめします。

Foxfireブログ

レインジャケットを着て、いざ出発です!!

入口の駐車場でマップを頂けます。駐車場案内のおじさんにコースの説明や注意ポイントなどを聞けるので安心。
ただコース上は道が分かりにくいポイントもあるので要注意です!!

早速、歩いていると小さい滝に出会えます。
柄杓が置いてあるので、一杯いただきます~♪おいしい♪
さて、15分ほどでひとつめの巨石「神頭石」に到着。
~形が神様の形に似ていることから。長く眺めていると、ご先祖様の顔に見えてくるという不思議な石~

Foxfireブログ

次々に巨石たちが現れます!!
こんな場所になぜこんな巨石があるのだろう?とみんなで不思議だねと言いながら登ります。

Foxfireブログ

それくらいスケールも大きく、パワーを感じる巨石群です。

Foxfireブログ

「烏帽子岩」に到着~。なぜこんな形に?というような奇岩。
いろんなアングルから見たり、登ったりと大いに巨石を楽しみました。

Foxfireブログ

さて、ここで今日のコーデのポイント!!雨が降る山で必須アイテムなのが、そうレインジャケット!!
私が着用しているのが「APフュージョンジャケット」見た目が可愛いだけじゃなく、機能性もバッチリ!!
雨の日の山歩きが楽しくなる一枚です。
マウンテンパーカーとしてタウンユースしていただくのもおすすです。

Foxfireブログ

さて、どんどん登っていきますよ!
烏帽子岩から少し下った場所に面白い場所が…!!ほうきが置いてあってここを掃くといいことがある!!と案内のおじさんがおっしゃっていたので、みんな夢中ではわく!!
(はわく=掃く 九州の方には分かる!?)
掃いた場所も岩の上なのですよー!!平らなのです!!(写真がなくて、ごめんなさい…詳しくは巨石パークHPからどうぞ
ここでお茶をしてゆったり。…空が明るくなってきました。

Foxfireブログ

いつの間にか小雨も止み、太陽が傾く姿が…光が森の中を明るく照らします。
きれい…

Foxfireブログ

帰りは階段の道を一気に下って、駐車場に到着です。
雨が降っていたので、コース全ては回れませんでしたが3時間弱のんびり楽しみました。

Foxfireブログ

ちなみにランチは三瀬のお蕎麦を頂きました。「木漏れ陽」さん、そばの芽ジュースやガレットなどちょっと変わったお蕎麦料理が楽しめます!!オススメです!!
帰りは、ぬる湯で有名な「古湯温泉」の杉乃家さんへ。お肌すべすべ、ぬる湯なのでゆっくり長く楽しめます。

脊振山地に囲まれた三瀬からは、金山や井原山などの山へのアプローチのルートがあります。
ぜひ、天気がいい日にはそちらにも足を運んで下さい。

最後に…
マリノアシティ福岡では、1月31日から2月11日まで
WINTER OUTLET FAINAL BARGAIN を開催中です!!
冬物がお得なチャンス!!今回ご紹介した「フュージョンジャケット」もありますので、ぜひご来店下さい。

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

「九州オルレを歩いてきました! 武雄コース」

2014.01.28 Update

皆さま、こんにちは。
寒さが厳しいこの季節…いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は「九州オルレ」の武雄コースへいってきました!!

「オルレ」とはもともと韓国の済州島の言葉で「通りから家に通じる狭い路地」という意味で、そのうちに自然豊かな済州島でトレッキングする人が増え、オルレはトレッキングコースとして命名されました。
その「オルレ」が海を越え、九州各地にさまざまな場所でコースが整備されています。
その中でも武雄市図書館などで注目が集まっている佐賀県は武雄のオルレコースにいってきました。

Foxfireブログ

スタートは武雄温泉駅!(車で来られる方も駅の横にあるコインパーキングをご利用下さい。)
駅構内のカンセ(馬)と記念撮影をしてスタート!!

オルレの歩き方として、コース内にある「カンセ」と呼ばれる馬のオブジェや、青と赤のリボン、矢印などの目印に沿って歩いて行きます!
マップを見ながら、歩いたことのない場所を歩く…ちょっと冒険みたいでわくわくです♪

Foxfireブログ

コース中にはいろんな出会いがあります!!
ここではSL機関車?が公園の中にどどんと!!機関車の中にも入れます。
スタートしてまだ10分も経っていないのに、一気にテンションが上がります。笑

矢印やリボンがいろんな場所に隠れていて、「あっ見つけた!!」と探しながら進んで行きます。

Foxfireブログ

河川敷に出ると、武雄のシンボルのような山「御船山」の姿が。猫耳のような形がユニークですよね。
コース中、いろんな角度から御船山が眺められるのも楽しみのひとつです。

Foxfireブログ

少し山道の様な場所もあります。緑が茂る、気持ちのいい場所を歩いて行きます。
と、ここで今日のオルレコーデのご紹介♪

Foxfireブログ

今日のポイントは「レッグウォーマーネックウォーマー」 平地でも風が冷たいこの季節には、あったか小物が大活躍!!温度調節もしやすく、見た目もかわいいのでオススメです。冬山にも活躍すること間違いなし!!

Foxfireブログ

また違う角度からの「御船山」です。
コース中には、ベンチや休憩所があるので、休憩もいろんな場所で楽しむことができます。
お弁当を持っていって自然の中でのんびりと頂くのもいいなぁと思いました。

Foxfireブログ

貴明寺(きみょうじ)に到着~!満開のサザンカたちが美しかったです。
お寺の入口には「ほほえみ地蔵」があり、その笑顔にほっこり気分になりました。
ここから先、諸事情によりコースをショートカット。(次回は全ルート歩きたいという想いを残しつつ…)

Foxfireブログ

武雄神社にお参りをして、武雄の大楠へ
樹齢3000年を誇るその姿は迫力があり神々しさも感じました。

途中、パン屋さんでお土産のパンを買って、お好み焼き屋さん(若杉さん)でお腹を満たし…どちらも本当に美味しかった~グルメマップもスタートの駅でもらえるので、その中からお店を選びました。
さて、いよいよ私が一番コース上できになっていた「塚崎の大楠」へ。

Foxfireブログ

どーん!!…イメージしていたものよりもその姿が大きく、力強く感激!!
なんとこの大楠、落雷で中心の幹の上部がないのです!中が空洞になっています。
なので、中にも入れます…直接その大楠に触れることもできパワーをた~っぷり頂きました。
この他にも、武雄神社の大楠、川古の大楠も有名です。

さて、ゴールは目前!!陽が傾いてきたので、薄手のダウンジャケットを着て出発!!
長崎街道沿いにも、素敵なお店景色がいっぱい…気付けば、カメラのシャッターをずっときってた様な。…笑 いつもは車で通る武雄の街。

Foxfireブログ

ゴールは武雄温泉楼門です。温泉に入ってゆっくり疲れを癒すのもおすすめです!

今回、歩くことでしかと出会えない景色をたくさん見つけることができました。
武雄の自然の素晴らしさ、文化、人の温かさに触れることができ「オルレ」ならではの発見がたくさんありました。
私の考えですが、山では自分自身と過ごす時間が濃い、オルレは知らない自分を見つける時間になる!と感じました。
また今回のコースは一部、トレッキングシューズがあった方が楽な道もありますが、登山をされない方でも気軽に歩けると思います。ぜひ、気になった方は「オルレ」ぜひご参加ください。

「九州オルレ」のパンフレットは店頭でもお配りしております。

Foxfire FACTORY OUTLET 福岡 とりちゃん

【熊魂(ユーコン)通信】Vol.15

2014.01.08 Update

9月以降、写真以外のことで多忙を極めていたため撮影にもあまり出られず更新が滞ってしまいました。前回の内容が夏の撮影行、そして気がつけばもう極寒の白銀の世界となっていました。緯度の高いこの地では秋は早く、そしてあっという間に過ぎ去っていきます。例年紅葉のピークは9月上旬から中旬ごろ。本来であれば国立公園や州立公園へ撮影に出かけたかったのですがその時間も取れず、なんとか時間を見付けて街の裏山へ。

Foxfireブログ
紅葉に染まる大地

Foxfireブログ
街の裏山からの眺望

この時期になると夜に暗闇が戻るためオーロラが観測出来るようになります。とはいえ暗い時間はまだまだ短いためその間に激しいものを観測できる確立は当然低いので、今秋これを観測出来たのも運が良かったと思います。

Foxfireブログ
9月のオーロラ

今年は例年に比べ冷え込みや積雪が遅かったように思います。温暖化の影響なのでしょうか。10月下旬にようやくまともに積雪。11月になってようやく極北の冬らしくなった感じです。冬場は大気中の氷の結晶に反射して幻日がよく観測されます。12月1日と2日に連続で素晴らしいものが観測出来ました。

Foxfireブログ
12月2日の幻日と太陽柱

12月11日から12日にかけては大雪警報が出て一晩で車が雪に埋まってしまいました。ちなみに写真は夜撮ったように暗いですが朝の8時頃撮影です。日の出は10時過ぎ。それが極北の冬です。

Foxfireブログ
雪に埋もれた車

午後にお気に入りの近場の渓谷へ行ってみました。夏場は白頭鷲の観察によく訪れるスポットで、白頭鷲以外にも多くの鳥で賑わう緑豊かな谷なのですが、雪に覆われて別世界のようでした。そしてこの空気までも凍りついたような景色もまた息を呑むほどに美しく、それが極北に魅せられた理由なのだと思います。

Foxfireブログ
雪に覆われた渓谷

2014年もカナダより日本の皆さまへ、四季折々の美しき日本の自然とはまた違った極北の自然の素晴らしさをお伝えしていければと思います。こちらに暮らしていると日本の自然を恋しく思うこともあります。日本の皆さまには日本ならではの自然を是非とも満喫して頂きたいです。
こちらのブログを読まれている方の多くはFoxfire製品の愛用者かと思います。このブランドを通して、これからも極北カナダと日本を繋ぐ架け橋になれればと願っています。同じブランドを身にまとう皆さまと、同じ星の上の違う場所でそれぞれの自然を満喫することで共感できたなら、それがこちらで執筆させて頂いている上でのこの上ない喜びです。自然災害に不安が募る昨今ではありますが、人間が自然の摂理に歯向かうことなど出来ません。あるがままの地球を受け入れつつ、皆さまと共にこの星に生きる喜びを感じていければと思います。2014年も宜しくお願い致します。

Foxfireフィールドスタッフ/花谷 タケシ


foxfire