Foxfireの防虫ウェア、マダニもノックアウトするスコーロンウェアで夏のアウトドアを乗り切ろう

とまっても、くっついても来ても、逃げていく『防虫素材スコーロン®

フィールドインプレッション

【PEAKS LONG TERM IMPRESSION vol.1】 フォックスファイヤー/SCシャンブレーシャツ【前編】

夏のトレッキングが快適になるか!? 虫が嫌がる素材を使った機能シャツ

image1

僕が本格的に登山を始めてから、今年でなんと30年。いろいろな山に登ってきたが、一時は北アルプスのような標高3,000m近い高山ばかりだった。だが、最近少し僕の行く山が変わってきた。標高がそこまで高くなくても、よい山をしっかり見ておきたいと考えるようになったからだ。
すると気になってきたのが、カやブヨのような虫の存在。森林限界を越える高所には刺されるとかゆくなる虫はあまりいないのだが、樹林に覆われた山となると話が違う。虫除けの薬などを持っていかねば、つらい思いをする機会が増えてきたのである。
そこで期待を寄せているのが、防虫成分を使った「スコーロン」という素材のウエアだ。このスコーロンには虫が寄ってこないわけではない。しかし生地 の上にとまると、繊維に固着されている成分を虫が嫌がって、すぐに逃げていくのだという。この力が本当ならば、防虫スプレーなどを使わなくても、肌をウエ アで覆っているだけで嫌な思いをしなくてすむ。しかもスコーロンには防虫以外に、吸汗速乾性やUVカット機能まであるらしい。

続きはこちら


高橋庄太郎(たかはし しょうたろう)/山岳・アウトドアライター
テント泊を愛し、夏を中心に一年中、山を歩き回っている。自宅は大きな池がある公園のそばで、とにかく蚊が多い。著書に『山道具 選び方、使い方』(エイ出版社)など

【お断り】このレポートは事実に基づいて掲載しておりますが、スコーロンの効果効能は使用環境・条件等により、必ずしも保証するものではございませんので、ご理解のうえご活用いただきますようお願い申し上げます。

(スコーロン®は、帝人フロンティア株式会社の防虫加工素材の登録商標です)